こまったちゃん。のきまぐれ感想記

本・映画・お芝居等の感想をミーハー目線で、その他あれこれ書き散らかしています。

映画「蝉しぐれ」

2005-11-02 | MOVIE(JAPAN)
映画「蝉しぐれ」開映20:30@錦糸町シネマ8楽天地

「蝉しぐれ」 2005年 日本
配給:東宝
監督・脚本:黒土三男 
原作:藤沢周平 
総製作:遠谷信幸 
美術監督:櫻木晶
撮影:釘宮愼治
照明:吉角荘介
録音:橋本泰夫
編集:奥田浩史
記録:石山久美子
助監督:森 宏治
美術助手:藤原和彦
装飾:うてな勝隆
音楽:岩代太郎 
イメージソング:一青窈 
出演:市川染五郎、木村佳乃、緒形拳、原田美枝子、今田耕司、ふかわりょう、
   石田卓也、佐津川愛美、久野雅弘、岩渕幸弘、小倉久寛、根本りつ子、
   渡辺えり子、原沙知絵、大地康雄、緒形幹太、田村亮、三谷昇、柄本明、
   加藤武、大滝秀治、山下徹大、利重 剛、矢島建一、麿赤児
上映時間:2時間11分


「木村佳乃がすごくいいらしい」と聞いて、気になってはいたものの、上映終了が近くなってやっと観に行くことができました。

染さまと木村佳乃の幼少時代を演じる石田卓也くん佐津川愛美ちゃんがじつにいい!二人とも目にチカラがあって、今後が楽しみです。
石田卓也くんは初めて見ましたが、佐津川愛美ちゃんはドラマ「がんばっていきましょい」で可愛らしく声を張り上げていたのが印象に残っています。
本作は幼少期が長いので、この二人をたっぷり堪能することができます。

で、その幼少期を観ていて、一部「あ!これ知ってる」と思ったんです。
藤沢周平好きは周りにたくさんいるものの、私は読んだことがありません。
なんでだっけ?TVドラマ??
と思いながら、家に帰って調べてみました。
やっぱりTVドラマでした。NHKの金曜時代劇「蝉しぐれ」

キャスト(内野さん)に惹かれて初回は観たものの、イマイチ気に入らなくってその先を観なかったんですよね。なので、洪水のシーンでの父へのリスペクトぶりだけをやけに覚えてたんですよね。
このNHK金曜時代劇「蝉しぐれ」の脚本は、今日観た映画版の脚本を書いて監督もした黒土三男氏。この作品のよっぽどの思いいれのある方なんでしょうか。
そういえば、映画の始まりには「藤沢周平に捧ぐ」と出ていました。作品にというよりも作者への思い入れなのかもしれません。

せっかくなので映画のキャストとNHKドラマのキャストを勝手に比較してみました。(赤字がドラマキャスト緑字が映画キャスト

牧文四郎(牧家の養子だってご存知でしたか?このことは映画じゃ出てこないですよね)
内野聖陽 ☆ 市川染五郎
私の個人的好みで言えば内野さんに軍配があがるんですが、この役には染さまの方が合ってるような気がします。内野さんは色っぽくて濃ゆ過ぎる・・・(笑)

お福
水野真紀 ☆ 木村佳乃
水野真紀はじつに武家っぽい風情を持った女優さんですよね。でも眼力のある木村佳乃の方がいいな。スクリーンでは木村佳乃の方が映えると思います。

牧助左衛門
勝野洋 ☆ 緒形拳
勝野さんは記憶に残る限り尊敬に値するかっこいい父っぷりでした。まじめで真っ直ぐな役にピッタリ!でも、存在感で言えば緒形拳の方が勝ってますね。優劣つけがたし。

牧登世
竹下景子 ☆ 原田美枝子
竹下景子ってのはじつにNHKらしいキャスティングだと思います。私の好き嫌いで言えば断然原田美枝子が好きです。この人はほんといい女優さんですよねぇ(しみじみ)。

小和田逸平
石橋保(無難なキャスティング) ☆ ふかわりょう(・・・)

島崎与之助
宮藤官九郎 ☆ 今田耕司
NHK、ナイスキャスティング!
意外にもクドカンはNHKに結構出てるんだよね。この配役だけでもあらためてドラマ版を観たくなります。今田耕司も意外にも(失礼!)好演していたと思いますが、クドカンには敵わない。

矢田作之丞
村上弘明 ☆ 山下徹大
村上さんならばNHKらしく無難なキャスティングで安心して観られそう。山下徹大ってのは最初違和感感じたんですよね。彼ではちょっと印象が弱かったかも・・・。決して嫌いじゃないけど。この配役には大いに疑問。

矢田淑江
鈴木杏樹 ☆ 原沙知絵
NHK、いいねぇ。杏樹さんは結構好き。しかも凛とした彼女の魅力はこの役にピッタリ。映画ではこの役は出番が少なかったけど、ドラマでは結構フューチャーされていたもよう。でも原沙知絵も美しくてよかったです。彼女がよかった分なおさら山下徹大が弱く感じちゃいましたが(汗)

犬飼兵馬
荒井紀人(ゴメン、誰?) ☆ 緒形幹太(いつのまにか弟よりいい俳優に。同じシーンなないものの親子共演)

里村左内
平幹二朗 ☆ 加藤武
平幹二朗は憎たらしさで言えば天下一品!(吉良役とかピッタリ!)でも加藤武も悪役やらせたら超一級!でも、平さんの方が圧倒されそうな存在感があって、倒しがいのあるボスキャラといえますね。

他に柄本明がTVでは横山又助役、映画では磯貝主計として出演。同じ作品に違う役でって、ちょっとおもしろい事実ですね。しかもどっちもいい役だな。この人の悪役
もスゴミがあっていいんですが。


この映画はカメラ割りがおもしろかったです。人物を真ん中に置くのが嫌いなの??と幾度となく思いました(笑)
風景の美しさもよかったです。普通の風景なんだけど、現在の日本であれだけの景色をゲットするのはたいへんだったでしょう。
どっかに電柱とかない?と探しちゃったりしました(笑)。もちろんありませんでした。

木村佳乃は評判通りよかったし、観てよかったです。


今日のいくらなら出しても惜しくない  ¥1000(ま、このくらいの満足度だな)
実際に出したお金              ¥813(ヤフオクで株主鑑賞券を購入)
コメント (4)   トラックバック (9)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2回目の歯医者 | トップ | 「誰か」宮部みゆき »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
NHK (chishi)
2005-11-05 02:07:51
キャストとの比較、おもしろーい。

私は観てなかったから参考になりましたよ(笑)

そしてそして私はこの作品、結構好きです♪
ぜひとも (こまったちゃん)
2005-11-05 02:35:09
映画公開にあやかって、再放送して欲しいドラマです。内野さんとクドカンのやり取りなんて、かなり面白そう。

私も何気に好きな作品ですよん。
知らなかった! (のぶのぶ)
2005-11-05 18:19:09
テレビでもやってたんだ!!

知らなかった。

蝉しぐれ、室井慎次みにいった時、予告でやってて、ヒトトヨウの歌にひかれながら、みにいきたーい!!っておもってたのよ。

・・・もしかしてもうおわっちゃったかな(;´Д`)
ちなみに (こまったちゃん)
2005-11-05 23:43:53
映画観に行っても一青窈の歌は聴けないのよー。

あくまでもプロモーション用みたい。

でもエンドクレジットには出てました。

不思議ーーー。

まだやってる劇場もあるからお早めに(^.^)/~~~

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

9 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
「蝉しぐれ」@イイノホール (旦那にはひ・み・つ (☆o☆))
今日は2本かけもち試写会です。本当は秀君がお休みだと思って用意していたのに、あっさり「日曜日は仕事で休めないよ」って言われちゃって…残念。あーちゃんはNHKでやっていたドラマ版の蝉しぐれを見ていないのでドラマとの比較は出来ないけど、ドラマを見ていた人は泣
蝉しぐれ (ネタバレ映画館)
 「文四郎さまのお子様は?」「未だ・・・」「いまだ・・・とおっしゃいますと?」「未だ・・・い、今田耕司」  『たそがれ清兵衛』『隠し剣、鬼の爪』と続いた藤沢周平作品の映画化。今回は、山田洋次監督ではなく、黒土三男監督がメガホンをとった。どうしても山田作品
映画『蝉しぐれ』貴方は何点? (本と映画と音楽と・・・お酒が好き)
この映画、10点満点なら貴方は何点ですか(^^)?     ※この映画、観て良かった? ←金返せ! / ブラボー!→                       0点□□□□□□□□□□10点     ※友達が観たいと言ったら? ←止める  / 推薦する→
映画館「蝉しぐれ」 (☆ 163の映画の感想 ☆)
日本史が大嫌いだった私。そんなわけで、実は今までこのような時代物の映画はあまり観ていませんでした。最近は、面白い邦画も沢山あるので観ることにしました。 幼馴染の2人、文四郎とふくが思いを寄せ合っているのだけれども、その恋は成就することはない、、、そん...
64-蝉しぐれ (徒然日誌)
時代劇ということで、どうしようかなーと迷いながらも、時間、場所的にちょうどよかったので、「蝉しぐれ」に行ってきた。 会社の大先輩(50代女性)がこれより「NANA」の方がよかった!とのたまったので、どんなもんかと思ったけど、いやいや、これがなかなかよかったのさ。
蝉しぐれ (★☆★ Cinema Diary ★☆★)
日本らしい良い作品だとは思うけど、自分には合わなかった。しかし観る人によっては素晴らしい作品に映ると思います。ラストの市川染五郎と木村佳乃の対話は必見。
「蝉しぐれ」 (こだわりの館blog版)
特集【日本映画を語ろう!】 【劇場公開作品より】3本目は「蝉しぐれ」です。 藤沢周平の原作を黒土三男がまさに執念ともいえる念願の映画化。 その意もあって前半が見応え充分な力編、 しかし後半になるとちょっと「?」が出てきてしまうのが何とも残念…。 【劇
映画『蝉しぐれ』 (茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~)
冬から夏、春から秋へと、季節は走馬燈のようにめまぐるしく巡る。切なく悲しくやるせない思いと共に引き裂かれた恋・・そして無情に飛び散る血しぶき・・ 江戸時代は東北の小藩、義父牧助左衛門(緒形拳)の元で逞しく成長した牧文四郎(市川染五郎)には思 ...
蝉しぐれ (黄昏ミニヨン想録堂)
 今回で最後。『蝉しぐれ』である。