旅倶楽部「こま通信」日記

これまで3500日以上世界を旅してきた小松が、より実り多い旅の実現と豊かな日常の為に主催する旅行クラブです。

リブリャナから国境を経てクロアチアへ

2017-04-30 11:12:14 | スロヴェニア

ブレッド湖を出てスロヴェニアの首都リブリャナへ。小さな山の上の城を川がとりまいている。山と川の間にぎっしりと旧市街↓

ケーブルカーで城へのぼろう。今日は天気の良い日曜日。地元の家族連れもたくさんやってきている↓

城の中庭にある井戸↓ちょっと重い蓋を上げて覗いてみると・・・↓

まだちゃんと水がある

旧市街へ降りて、少しだけ自由時間。見つけたのは養蜂箱のフタに、素朴な絵をつけたもの↓いろんな風刺画がおもしろい↓下は、「争いごとをする二人の間にたって利益を得る弁護士の図」↓

板の下部、少し削られている部分から蜂が出入りする↑

***昼食を終えてハイウェイでクロアチアへ向かう。途中のサービスエリアで売られていたトリュフ製品。クロアチアのイストラ半島はトリュフの名産地。2015年の《手造の旅》で行ったっけ↓

***クロアチアの国境検問で三十分以上待たされた。昨年と比べてずいぶん厳しくなっているのが分かる。

★昨年10月の同じコースの模様はこちらから

三十分以上遅れて、クロアチアの首都ザグレブへ到着。まずはクロアチア通貨のクーナに両替をしなくては。クロアチアではユーロそのままでは受け取ってもらえない店が多い。ガイドさんが紹介してくれた店、今回は大聖堂前のハンバーガー屋さん。こんなところで両替をやっているなんてびっくり↓

クロアチアの通貨はKUNA(クーナ)というのだが、これはもともとテンの毛皮を指してることば。毛皮が通貨の代わりに使われていたということだ。ガイドさんが「この動物ですよ」と写真を見せてくれた↓

***

ザグレブ旧市街は二つの丘からなっている。グラデッツという(たぶん)古代からの丘の街と、カプトルという大聖堂の立つ丘。模型でわかりやすく見せてくれている↓ふたつの街の間に確かに川が流れているのがわかる。

 

『海外旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スロヴェニアの最高峰がきれ... | トップ | ザグレブ大聖堂の見所 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。