旅倶楽部「こま通信」日記

これまで3500日以上世界を旅してきた小松が、より実り多い旅の実現と豊かな日常の為に主催する旅行クラブです。

《手造の旅》屋久島+指宿 第二回 二日目

2017-04-23 12:52:19 | 国内

JRホテルの朝、すぐ近くの谷崎鼻(たんざきばな)灯台へ散歩

今朝は雲があって日の出は見えないが、それでも価値あります  

朝食をゆっくり。コーヒーはテイクアウトして昼食ナシに備える(笑)

いちばんに訪れたのは屋久杉自然館。

江戸時代、★屋久杉を伐採したあとに「平木」に加工する方法を、今回やっと認識した。木目がまっすぐならば、斧をいれて上から木槌でたたくと、きれいに割れるのだ。なるほど、それで、木目のまっすぐなとこから伐採していのか。三回目でよく理解できました(^^)↓

★世界の巨木比べの図↓6月に訪れるセコイア&キングスキャニオンの「シャーマン将軍の木」車で簡単に行けます。縄文杉よりずっと楽に(笑)↓

**

紀元杉、そしてヤクスギランドのいちばん短いコースを一時間ほど散歩↓

周りの短いトレイルを歩くだけでも十分に森の雰囲気が感じられる↓

***大川(おおこ)の滝

もうひとつ上の展望台から↓

海側、同じ川が海へそそぐところにあるトローキの滝の場所も見下ろせる↓

****

午後三時過ぎにはサンカラホテルにチェックイン。このホテル、泊まるだけではもったいない。出来るだけ長い時間滞在することが重要なのです。バスは入口まで入れない。カートで玄関に到着そこから見晴らすテラスは、やっぱりスリランカの「ライトハウス」を思い出させる↓

ラウンジで、エステのうちあわせ中↓

小松はちょこっと、ジムも試してみる

夕方五時から、屋外テラスでヨガ教室を予定していたが、雲行きが怪しくなってきた。さすが屋久島↓

急遽、会議室に場所を移していただいた↓前回と同じくゴーシュ直子さん。全く初心者相手でも、敷居を低く楽しく、指導していただきました↓

しっかり身体をうごかしたところで、そろそろ夕食

***サンカラには二つのダイニングがある。前回は追加料金六千円を払ってグレードアップコースのレストランへ行った。※その時の話は→前回のブログ日記でごらんください。

今回はレギュラーコースのレストランへ。こちらも充分に美味しい。たとえていうなら、前者はアートのようにその時その場でだけ成立させられる一品モノ。

後者は、汎用性のある上級の料理↓

           

『鹿児島県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 《手造の旅》屋久島+指宿 ... | トップ | 《手造の旅》屋久島+指宿 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。