旅倶楽部「こま通信」日記

これまで3500日以上世界を旅してきた小松が、より実り多い旅の実現と豊かな日常の為に主催する旅行クラブです。

スプリト

2017-05-02 21:08:13 | クロアチア

ローマ皇帝ディオクレティアヌスの引退後の住居がスプリト旧市街になっている。西暦304年に引退して住んだ四角い宮殿の復元図面がこれ↓

海側に面した手前三分の一ほどが、皇帝の住居だった部分。高い位置に回廊があるのがわかる。現在の海辺のプロムナードにもそのままの壁が見られるのがすごい↓

そして地下には巨大な柱に支えられた広大な貯蔵スペースがあった。これは、今でも基本構造はそのままに見られる↓おそるべしローマの建築↓

自らをユピテル神(英語でジュピター)の息子と称し(神の化身という話もある)、その為に建設した神殿が、いまでもほとんどそのままに残っている。特にこの天井部分は、ほぼ、そのまま↓

後ろからの姿も、シンプルで古代そのままを感じさせる↓

後には、当然キリスト教化され、洗礼者ヨハネに捧げる聖堂だ。洗礼盤にはクロアチアの王が戴冠している図とされるロマネスクな彫刻がある↓

ディオクレティアヌス自身の墓も、彼が迫害したキリスト教聖人の墓のある教会だ。↓1990年代前半の独立戦争で爆撃され、旧市街の真ん中にぽっかり出来た空き地から、教会の塔がよく見える↓

**皇帝の住居入口前にはこんな面白い空間が↓

ヴェスタブロと言われる応接スペース。かつては屋根があり、そこに神々の姿が描かれていたのだそうだが、天井が落ちて、よりおもしろい空間になったように見える。ここではダルマチア地方伝統の男声合唱団がよく歌声を披露して、自らのCDを販売している↑

***海側からまっすぐに旧市街を突き抜けたところに、グレゴール・ニンスキーの巨大なブロンズ像がたっている↓この像、よく見ると三分の一ずつに分割された跡がみえる。愛国的なこの像は、位置をかえられたり、分割して地中に隠されたりと、数奇な運命をたどってきた↓

と、ここまで書いて、昨年もまったく同じような内容を書いていたなぁと(笑)いまごろ思い出しました。⇒こちらから昨年のブログ、ごらんください。

***旧市街の路地↓

***夕食は、少し離れた見晴らしの良いレストラン。ここも去年と同じ、同じように良いお天気↓

    

『海外旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« クロアチアの内陸から海岸線へ | トップ | ストン~ペリシャツ半島の入... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。