大政・小政の気ままな日誌

キャンピングカー(小政号)の出番が減って覚書のブログになっています。ボケ防止の為に毎日継続することを目標にしています。

キャンカー仲間がやって来た

2017年03月20日 | 大政一人ブラリ旅
北海道の21世紀の森で知り合った、千葉のキャンカー仲間が山口に到着したとLINEが入った。

しばらく動いていないキャンピングカーの仕度をしなくてはと焦ったが、2〜3日で九州入りだと聞いて、ゆっくり準備すれば良いかと思ったら

雨が降りそなので、豊前から中津の道の駅へ行くらしい。

それじゃあ急がねばと・・・昼からは雨の予報だから積み込みが大変と思うだけで、腰は重たいが、いよいよ雲行きが怪しい

急いでキャンピングカーの駐車場へ走り、
慌てて積み込み、小雨が降り出した滑り込みセーフ

カミさんも誘ったが、なにに懲りたのか?今回も色よい返事が貰えなっかったから、準備は到って簡単に済んだ。

雨は本降りになりそうだ!雨が降る10号線を豊前「おこしかけ」へ

下道で、2時間もすれば到着してましたが、姿は見えずに・・・

LINEも見てないようだから、移動中だろう。今夜はここ泊りかな〜?



少し脚を伸ばせば「太平楽」温泉♨️があるのだが、運転中に連絡を取れば危ない。

其れとも気が変わって、門司泊りかな〜

辺りは暗くなって、仕方ないここで明日まで待とうと、ビールに手をかけたらLINEが入った。

既に着いてるとの事?何処だろう?見当たらない。

LINE電話してみると、どうやらこの一つ先の「しんよしとみ」のようだ!

急ぎ車を走らせて、いたいた大きなキャブコン間違いない。

やっと会えました!懐かしい北海道の話で盛り上がる。

キャンパー仲間は何処か人生観が同じだから、1年半ぶりで、ひと時の出逢いだけだったが、飲みなが話せば旧知の仲

もっとお話ししたが、今回は奥様と同伴なので、そこそに引き上げて、久々のキャンピングカーにお泊り、雨音が心地よい、何故か新鮮な感覚だ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 春の彼岸は穏やかな小春日和 | トップ | 海門温泉から粟嶋神社、♨️か... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL