馬とモンゴル

乗馬によるモンゴル大自然の四季と牧民生活の折々を日記風に

穏やかな晴天

2017-02-13 12:56:28 | 下町の景色・住宅街・植え込み等

モクモクと

低く流れる石炭煤煙だが寒さは和らいでいる
西日しか眺めることができない我が家

悲しいことに黄昏建築 

  

以前の自宅を知っている友は言う

朝陽が拝める部屋は無いの?
残念ながら黄昏しか

住んでいる人が黄昏人だからいいか 
それってどういう意味?

気にしないで! 

早く来い!

  わが青春よ!

浅煎りのモカを飲みながらため息が出る

このため息はなんなんだろう?
人生に疲れたため息
若さを失ったため息

戻らぬ過去など嘆いても始まらぬが

若さが欲しい 

春よ

     

まだまだ、熟成しておらぬ我が身

せめてもう一度、春よ来い!

見るもの全てが冷たい冬景色

単車で

  何を思ったか

窓を開けていたら機関車が踏切を渡ろうとしている
慌ててカメラを取りに戻り窓を見ると

戻っている

踏切前にある切り替えレバーを行う機関助手を取り残して

石炭置き場まで戻っている
寒々しい風景が目に染みる 

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村  

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


 

 

『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 晴天だが霞み | トップ | 貨物車を見て »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
若さ (原村)
2017-02-14 20:30:44
こんばんは。
若さは気の持ちようで、瞬時に若さにもどりますよ。
他人は老人と思おうがです。
年寄りの冷や水ですが。
走馬灯のように一瞬にともに戻りましょうよ。
寒さ厳しき折、ご自愛のほど。
ご心配かけて (馬とモンゴル)
2017-03-14 13:27:16
原村さん

こんにちは!

二か月間、心が壊れていました

ご返事遅れて申し訳ありませんでした

この時期、滞在査証の件で昨年から憂鬱な時期になります

以前は簡単な検査でOkが出ていたのですが昨年から孤独な滞在者を苛めるものが現れて大金を要求するようになり困り果てております

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。