馬とモンゴル

乗馬によるモンゴル大自然の四季と牧民生活の折々を日記風に

黄砂が吹き荒れる

2017-04-19 12:18:49 | 首都散策・風景・冬期

講談の講釈じゃないが

昨日の夕方、西の彼方に龍神が現れ
世界平和の祈りを披露した

その龍の舞に生じた大地の乱れが
黄砂となり首都一帯をご覧のように 

  

四ケ月ぶりに年金をおろす為に車を使う
散歩に出かけるのが早い爺さんだから

徒歩じゃ間に合わない

いつも銀行が閉まる時間(午後四時)
散歩に出かける爺さんである

霞を食いながら生き延びていたが金が底をつき出した

午後二時に車で出かけた時は真っ青な空模様だったのに 

一転にわかに

  

闇市で$を現地の通貨に交換する
憎きトランプめ!

大切な年金額が目減りした3万円近い為替差損である
何が米国一番じゃ

後進国家からも$を価値なし扱いされ
そんな事なら小まめに換金しておけばよかった

3月まで闇市でも$の一人勝ちだった

爺さんは金儲けには向いていないようである

それでもなかろう龍神様の怒り狂いよう
午後三時過ぎから西の彼方から黄砂が秒速できた 

天空が掻き曇り

  

雨が落ち黄砂が舞う
車は黄砂で粉が降りかかる

大きな爺さんのお目めに黄砂の粉が入る
歩けないと泣きがいるが

傍をもっと大きな馬の目をした現地人が
何食わぬ顔して通り過ぎる

DNAが違う!

何千年も生き抜いてきた現地人は平気さ 

砂嵐が舞う

  

二時間吹き荒れた黄砂は東の彼方へ飛んで行った
上の写真は二時間後の明るくなりかけた時の写真

それでも3km先にある霊山(ボクド山)が見えない 

極東へ去れ

黄砂の発生場所はモンゴルのゴビ砂漠と言われている
5千㌖離れた日本まで黄砂を運ぶのだから凄い力である

目を洗っても目がショボショボする

厄介な黄砂である 

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村  

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村



『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« あかね空に龍神をみた | トップ | 首都近辺の住宅事情 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
黄砂 (黒仁庵)
2017-05-22 17:51:14
九州の春は黄砂と焼き栗。
もう春でもないですが……
大陸に近いってのはなんですね、色んなものが運ばれます。
特に冬は季節風が寒気団とともに大陸からやってきて、まあ寒い。
海岸は簡体文字とハングルのポリ容器など、ゴミの終着地です。

藤村のヤシの実なんてそうそうない。
夏、 偏西風運ばれて、子供達が見つけようもんならヒーローです(๑˃̵ᴗ˂̵)
発生源は南ゴビ砂漠です (馬とモンゴル)
2017-05-23 03:31:00
黒仁庵さん

こんばんは!

日本には大陸からは南ゴビ砂漠が発生源の黄砂が飛来してきます

今は中国のPM2・5ですか私も半世紀肺にタップリ吸わせていただきました

モンゴルに来て黄砂の真意が分かりました

現在、風上に位置していますしPmを肺に入れないだけメッケモンです

海流はフリッピン海流等の黒潮が支那・朝鮮からゴミ・猛毒薬品廃棄物を太平洋岸と日本海岸に運び込み海水で薄めているのがモンゴルから見えますよ

序に北朝鮮人の逃亡者の死骸・麻薬のコカインまで運んできます

ヤシの実を見つけてヒロインは餓鬼の楽しみですが大人は矢張り黒いビニール袋に密閉された黄金の粉じゃないですかね

若い頃にこう言う情報を見つけていればモンゴルなどに来なかったと思います

日本海側沿岸の人のいない漁村で生活しながら磯釣りなどして生計を立てていたと思います

子供の頃から釣りが大好きで小学生の頃はハヤ・フナで高校生まではフナに鯉・ウナギ釣り大人になってからは多摩川で恋など釣り時々、相模湾で稲田・縁側等釣り上げて相模湾に大金を奉納していました

釣り船は釣っても釣れなくても午前中1万円の料金で高級車が買えるくらいの大金を相模湾へ海を鎮める(地震・津波・海難事故等)気持ちで!

今はモンゴル草原で砂嵐を鎮める為、人柱供養とおもいせっせと老いた身の腰を使い供養させてもらっています

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。