馬とモンゴル

乗馬によるモンゴル大自然の四季と牧民生活の折々を日記風に

我が家の花たち

2016-10-08 14:56:36 | 黄葉・紅葉・四季の花々

空気みたいな関係

秋と冬が嫌いな爺さんです
嫌いな季節がやってきました

心ここに非ず状態で植物には現在無関心
でも爺さんと植物は空気の様な関係

きっと植物に爺さんのいまの心を読まれているに
違いない

   

セントとウンべは会話している
いい年こいて業が狂いだし暴走していると

小田和正の歌じゃないが
如何も秋と冬は心寂しくなる

爺さんは『はるさん』である!
春は誰もが心温まる季節

沈丁花の香りが漂い始めると
春が来たんだと寒さも我慢できる

だから沈丁花が好きになる
沈丁花の匂いをさせる人も好きになる

水やりは欠かしません

   

ウンべの鉢からピーマンが双葉を出してひとつきが経過した
4㎝まで成長した・・そろそろチンジャォローソの材料に使うか

ウンべはピーマンが芽を出したら花芽を全て落としてしまった
栄養素をピーマンに吸収されているようだ!

植物は狭い土地では共存共栄は出来ないようである

爺さんと植物も如何なのか
狭いマンションの部屋で寝起きを共にしていること自体

爺さんは隣の大部屋へ引っ越しをするか?
隣も物置部屋然としているから

如何したもんじゃ老化

ほんブログ村

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

 にほんブログ村

 

『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« モンゴル事情 | トップ | 開通しました »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。