馬とモンゴル

乗馬によるモンゴル大自然の四季と牧民生活の折々を日記風に

道路補修と女の強さ?

2016-10-17 13:55:37 | 下町の景色・住宅街・植え込み等

理解できないけど

今年7月の雨時期に凸凹で車が通れるような状態じゃなかった
この道の先に首都最大級の飲料メーカーとカシミア工場がある(御用会社)

ナーダム祭が終わった時期の土が柔らかい時期にと思った
寒くなるこの時期に何故?

   

理解できないけど平らな地均しが出来た

車も安心して走らせる事が出来る

地均し?

 

爺さんの経験では厳寒期になれば雪や氷が窪地を平らにする
雪が鳴ければ悪路のまま

今年は雪が少ないのか
従業員送迎のバスが走れなくなってきたので修復したのか

インフラに金を投資しないモンゴル企業

男の弱さ

隣の芝生が気になる爺さんです

爺さんは好きで観察しているのではない
偶然が積み重なって起きる現象

石炭貨車が気になりベランダを覘くと
隣の芝生で事件が起きる

   

以前、ゲルの家の娘が里帰りし嫁ぎ先に戻らなくなった
夏頃
旦那が車で迎えに来ていたが母親が娘を押し留めていた

きっと姑との諍いだろう!
何処の国でも嫁姑の争いはおなじなんだろう

これも爺さんが風呂上りベランダで夕涼みしている時の偶然
階下を覘けば道路端で嫁と旦那が話し合い!

車に押し込もうとする旦那とそれを拒否する若い妻との鬩ぎ合い
敷地内から母親が心配し連れ戻されちゃダメと忠告

そんな光景を爺さんは天から眺めていた
爺さん家から直線で200mは有るから様子も話し声も聞こえない

しかし、女性専科の爺さんには二人のやり取りが手に取るようにわかる

ほどなく旦那が矢も堪らずこの家に住み就いてしまった
それから半年の歳月が経過した結果だろう

隣に家を建てた!
簡単である2時間も有れば出来上がる

敵わない

 

爺さんもそうだが恋人から振られた後の寂しさは地獄です
サルの気持ちが理解できます・・

切なさが身に沁みる(女性を粗末に扱うと地獄を見るぞ)

まして嫁・姑の戦争は地獄である
どちらを選択すれば上手くいくかという安易な考えが

此処を誤ると写真の様な地獄を経験することになる
嫁の魅力というか魔力には男は悉く打ちひしがれる

記事を書いている爺さんも女には滅法弱い!
そして女性の魔力には刃がたたない

己に覚醒した男は弱い

ほんブログ村

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

 にほんブログ村

『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 束の間の残暑 | トップ | 冬の色 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。