馬とモンゴル

乗馬によるモンゴル大自然の四季と牧民生活の折々を日記風に

素晴らしい時代に生まれたもんだ!

2016-10-14 14:07:09 | 芸術鑑賞・自然美

音楽の第三黄金期

Bob Dylanがノーベル文学賞を受賞した
驚いたが村上が受賞するより私には喜ばしい!

昨夜から今朝まで寝ないで60年代70年代の
音楽を鑑賞する羽目になった

眠いが寝られなかった!

 

古典音楽のヨセフ・セバスチャン。バッハ等が16世紀後半に
クラッシック音楽を花開かせ

100年後にモーツアルト・ベートーベン等が第二期の
クラッシック音楽の花を咲かせた

我々はこの二大音楽を基に素晴らしい音楽を体内に吸収してきた

19世紀後半に英国から少し遅れて米国から世界を席捲する音楽が
砂嵐のように迫り吹き荒れた

世界を争いの時間から吹き払うよう神からのメッセージ?

深夜
Bob DylanをケーブルTVユーチューブで飽きるほど聞いた
何故!
Bob Dylanなんだ!

きっと世界中の人たちが戦争を無くしたいのだろう
戦争など止めてしまえと言いたいのだろう

Bob Dyilanを聞いているとElton Jhon・Simon&Garfunkel
Jon Denver Bee Gees等の音楽が次々に表示されてくる

この後にBeatles等も世界を駆け巡る
日本からも名曲が多く出て来る

我々はこれらの音楽を当たり前のように聞きながら古希を迎えようとしている

恵まれた時代に生まれたものである
徴兵も経験せず安穏と生き永らえてきた事に感謝である

全てが先代の犠牲における賜物であろう
だから爺さんは命を大切にしている

お金や地位や自己欲求願望より争い事をしないように
生きているつもりである


Bob Dyan

 

なんて素晴らしい時代に生まれてきたことか感謝している

そして我々時代の少し先輩たちが次々とノーベル賞を受賞している
次は我々の世代から名誉ある受賞者が沢山出てきてもらいたいものである

60・70年学園闘争派と

   

我々世代の時代は60年安保闘争と我々が学園闘争をした
授業料・大学改革等を理由に菅たち赤軍派等は各大学を破壊しまくり

今は同世代の老後ピクニック山となっているアルプス(八ケ岳)山中で
脱落した仲間を難癖付けて粛清した歴史を持っている

あれは何だったのか
我々の命(血)の中には世界第二次大戦で多くの若い命を失った
若い青年の残り香(存命)が引き継がれたのかもしれない

理不尽な死・無駄死にというものかもしれない
どれもこれも世界の一握り者の我欲による争いごとに

日本も自然に巻き込まれた結果である
これは昔の出来事では済まされない

現在もその我欲に陶酔している末裔集団に中東でアフガンで
アフリカ・アジアで戦争が絶えない

若かりし頃、先代たちの考え至高を破壊した同世代の菅は
日本の首相まで上り詰めたがリーダーとして行った結末は

矢張り日本を破壊から防げなかった
要するに学ばなけりゃならない時代に学ばなかったツケが

露奎(奴に相応しい言葉)したに過ぎない

無関心派

   

爺さんの子供時代は如何だったか!
田舎の秀才たちは次世代の家督者だろうが次男坊だろうが

優秀というだけで陸海空の幼年学校や士官学校へ入学していった
爺さんの伯父さん達も先を競うように士官の道へと進んだ

結果は戦死をし二度と実家・故郷へ戻る事はなかった
彼らの遺品は縁側の片隅に学生時代の書籍やアルバムが

物憂げに積み上げられていた

私や従兄弟たちが伯父さんが残したアルバムを興味本位で
記憶するように飽きもせず見た記憶が有る

6歳頃から10歳前後だろう
とうとう家族から心配され閲覧禁止になり

我々の目の届かない場所に管理されたのを覚えている
それが原因かなにか分からないが爺さんは学園闘争には

無関係な世界へ道を選択した
無関心派と言われても平気だった・・何とも感じなかった

お国の為に尊い命を捧げた伯父さんたちがいて自分達が存在していると
親から教わることなく遺品のアルバムから学んだ

余談だが田舎でも一等兵・二等兵で戦地に出向いて帰還した人もいた
戦死した伯父さんの話をすると帰還した小父さんたちは

ポツリと彼奴は優秀ゆえ生き残る事が出来なかったんだと

ほんブログ村

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

 にほんブログ村

 

『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 下町を歩けば | トップ | ビル建設経過 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。