馬とモンゴル

乗馬によるモンゴル大自然の四季と牧民生活の折々を日記風に

昼間の3地区を紹介

2016-11-08 01:31:12 | 下町の景色・住宅街・植え込み等

序に爺さんも

イケメンだとドヤ顔をさらけ出すが

見せるほどの顔でもないし

いつものように陰でご勘弁を!

民族は違っても仲良くなれば『皆の輪』◎!

昨日は早めに家を出て散歩に
空気のいい時間に出かける事も有る

  歩道を渡って

白い九階建ての住宅と二階建て商店の間に小便横丁が存在する
2000年頃は危なくて歩けなかった(路上生活者の溜り場)

現在は車道も歩道も整備され東京並み!

3地区の大通り

    裏道出口から表通りを写す

左の写真は奥が西側で右奥のビルが百貨店(3地区ノミンデパート)中心街

右の写真は裏道出口から写し南(南ゴビ方角を500㎞かなた)
3地区商店街が東西に2㎞に渡り続く

東はガンダンン寺から西は第三交通病院まで(札幌ロータリまで)

首都ウランバートルの二大ショッピングセンター街として有名
ここ3地区とバヤンズルク地区ショッピングセンター街の二ヶ所

爺さんは此処まで自宅から二足歩行で毎日歩いてきている
直線距離だと1㎞程だが歩いて来ると片道4㎞~5㎞ほど歩くことになる

現在は楽して自家用車で散歩中!

小便横丁へ

    雰囲気がいい

上記の写真は左が横町へ入る入り口を大通りから写す(北側に位置する)
右側の写真は裏道から出口付近を写す

現在は買い物客の車が駐車しているが以前は浮浪者が屯す臭い通路だった

昼間の裏道

    

1996年から2005年頃まで路上生活者と浮浪者の生活空間
酔っぱらい有り暴力有り如何わしい店有り・サウナ有りで

よくサウナでご厄介になりました!

此処を歩くと道玄坂2丁目を歩いているような錯覚を覚える
懐かしい場所なのだ(恋文横丁時代)

何時もの住宅群

    

小便横丁の裏道を歩いて住宅街へ出て来る
現在は整備され昔の面影はないが臭いだけは往時の
面影が残っている

連峰の斜面を首都市民の住宅地にしているから
作り方も立地条件も風景も全て同じだ

観光で来て自宅を案内されても

住宅が同じ作り方で建設されているので
番地番号を知っていても行着けない

自慢じゃないが爺さんは現地人より地理に詳しい

渋滞の時は裏道をスィスィとね!

現在午前3時15分外気温度-23度

ほんブログ村

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

 にほんブログ村

『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 寒さ倍増 | トップ | 元気が一番 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。