糸乃こまりの川柳

趣味は川柳など 洋服エコと愛するチワワ ダンスと三味線と三線 去年の3月乳がんの手術 毎日大切に生きましょう  

ブログランキング

シナリオ

にほんブログ村 小説ブログ 脚本・シナリオへ
にほんブログ村

川柳研究社 1月号

2010-01-31 13:23:39 | たおやかとした女でいたい
パドル 新雑詠欄   編集整理


靴下よ どこでされたか裏返し   糸乃こまり



恋愛相談室を開こうかしら?

友達に相談されたんです。

夜遅く帰ってきたご主人の靴下が裏返しされてたんだって。

その話を聞いて驚きました。

だって、うちでは洗濯機に使用後の靴下をほうりこんでもらってるんです。

だから、裏返しかどうかはわからない。

へんなことに感心しちゃいました。

結局靴下を裏返した犯人についてはわからず、友達も苗字が代ってないからうやむやに終わったようで。

でも、それとは別の友達に告白されたこともありました。

その子は離婚したんだけど、その原因がまた靴下。

好きで一緒になったのに、その人の使用済みの靴下が耐えられなくなったんですって。

使用済みのパンツより許せないそうで。

私にはわかりませんけど。

また、下ネタ話に落ちてしまいました。

ジャンジャン。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

川柳研究社 1月号 

2010-01-31 13:12:53 | たおやかとした女でいたい
吟詠   津田氏選


いとしくて見せたい場所の傷の跡   糸乃こまり


初恋の頃。

好きな人に自分の傷跡を見せたくなるんですよね~。

といっても、ささやかな傷跡。

私は左手の親指に残った鉛筆の芯の跡を見て欲しくて。

だってああいう痛みって初めてだったもの。

共有して欲しかった。

ところで、私の初恋の人って誰だったかしら?

忘れてしまった。あまりにも昔のことで。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

川柳研究社 1月号

2010-01-28 14:37:04 | たおやかとした女でいたい
吟詠   津田氏選


スーパーの袋も川でどんぶらこ   糸乃こまり


仙台の広瀬川ではスーパーの袋がぷかぷか浮いていることはありません。

でも、東京の隅田川ではこんな光景もあったような。

最近はずいぶんきれいになりましたけど。

スーパーの袋に空気が入って別のものに見えたこともあるんですよ。

まるでどんぶらこどんぶらこと川に浮いた桃みたいで~。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

川柳研究社 1月号

2010-01-28 14:09:24 | たおやかとした女でいたい
吟詠   津田氏選


惚れられた誤解で沸いたパラダイス   糸乃こまり



こんな誤解だったらうれしいですね~。

私はかなり性善説なんです。

いい方向に考えるほうで。

だって人生は一度、物事を何でもいいように考えると幸せになれるんです。

でも、これ他の人の受け売りなんですけど。えへへ。

ところで、性善説は孟子の説なんだそうです。

性悪説は荀子説。

川柳勉強していなかったら孟子だ~荀子だ~なんて考えてもいなかったでしょうね。

川柳は頭を使うからボケにいいって言いますけど、心も豊かにしてくれる上等な趣味だと思いますよ。ほんとに。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

川柳研究社 1月号

2010-01-27 14:30:46 | たおやかとした女でいたい
吟詠   津田氏選


運転にBGMが寄り添って   糸乃こまり



私も車を運転していた頃があったんです。

特に夜運転するのが好きでした。

BGMを聞きながら行くと小さな旅がはじまります。

今は病気になって視野が狭くなったので運転はしていませんけど、思い出すとかなり怖い運転でした。われながら。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サイテク川柳 12月

2010-01-25 17:51:19 | たおやかとした女でいたい
題「再生」   今川乱魚選


ファスナーを飛ばして挑むダイエット   糸乃こまり



え~、これは私のことではありません。

想像ですよ。ホントホント。

だって、ファスナーが飛んじゃうようじゃ、かなりヤバイもの。

ところで、「再生」とは何か?

電子辞書で調べてみたら、

「死にかかったものが行きかえること」

「再びこの世に生まれること」

あれ~、テーマがちょっと重いなと思いました。

だからなるべく軽い川柳にしたいんでダイエットをテーマに。

本気にダイエット中の人にとっては軽い話じゃないんでしょうけど。

「精神的に生まれ変わること」

そんな意味もあったので。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サイテク川柳 12月号 

2010-01-25 17:32:26 | たおやかとした女でいたい
題「構造」  今川乱魚選


贅極め食材同士打ち解けず   糸乃こまり


「贅を極める料理」なんて言葉がありますよね。

高級な食べ物です。

贅沢だけど、まぁたまにはそんなものを食べるのもいいですよね~。

ただ、好きな人とだったらなんでもいいかな。というより、食べなくていいかも。いやぁ、食べられないかも。胸がいっぱいで。ちっちゃいから。

ところで、世界の三大珍味はチョウザメの卵キャビア、ガチョウの肝臓フォアグラ、特殊な茸トリュフ。

私はキャビアが一番好き。

シャンパンとか白ワインを一杯。

イクラとか明太子が好きだしね。

でも、どんなに高価でも一緒にしたらケンカすると思うんですよ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

川柳マガジン 1月号 

2010-01-22 17:44:31 | たおやかとした女でいたい
川柳マガジンクラブ

題「一触即発」   中野 要選


蜜の味抱いてファイナルアンサーへ   糸乃こまり


「ファイナルアンサー」の言葉に慣れたのはテレビ番組のせい。

クイズの司会者みのもんたが使ってましたよね。

彼は回答者が間違えると嬉しそうな顔するし、正解のときはがっかりする。

わぁ、世の中って厳しいんだわ~と思いました。

クイズ番組だけでなく、人生の岐路にもファイナルアンサーは必要かも。

そんな時、やっぱり自分の信じる道へ。それが基本ですよね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

川柳マガジン 1月号 

2010-01-22 17:18:28 | たおやかとした女でいたい
読者柳壇

題「苦悩」   恒弘衛山選


ひょっとこの目にはおかめも森の精   糸乃こまり


恋は苦悩。

人を一度好きになると夢中になってしまう。

いつも自分のことを見ていてほしい。やさしくしてほしい。

他の人から見たらひょっとこだったり、おかめだったり。

でも誰かの目には天女かな王子かな。

そういえば、先日朝日新聞で瀬戸内寂聴さんが「恋」について語っていたんです。

恋は仏教でいえば「渇愛」。

愛するだけでは足りず、愛されることを求める。

それに対して愛は仏教でいえば「慈愛」。見返りを求めない。

なるほど、よくわかりますわ。

ついでですけど、アメリカでは長くても恋は四年以上続かないって。

日本はどうかな?

瀬戸内寂聴さんは長くても二年だとか。日本人のほうが短いのかな。

まぁ、とにかく私はもっとずっと長い、つもり。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

川柳マガジン 1月号 

2010-01-20 15:34:50 | たおやかとした女でいたい
読者柳壇

雑詠   笠川嘉一選


回転の皿を重ねてはしゃぐパパ   糸乃こまり



回転されるお寿司。

食べれば食べるほど値段も高くなるけど、所詮安いお寿司だから皿が高くなるとパパは嬉しくなる。

でも、うちには子どもがいないからパパもいないんです。

ここでいう「パパ」は一般的な男性のこと。

男性はいくつになっても少年っぽいところがありますよね。

かわいいかわいい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ブログラン

ブログランキングならblogram

墨田区

永井荷風の足跡

浮世絵

いとしいチワワ

チワワ2

チワワ2

ペット可の喫茶店

まいう~

まいう~2

まいう~

白ワインに合う料理

白ワインが似合う料理

野菜大好き

前世はキリギリス

お弁当始めました

はじめてのお弁当

こまり

うちのチワワ

チワワ2

チワワ2

エコ

エコ 洋服・着物のリフォーム

ビーズ

ビーズ

ぱふぱふ

辞書

ブックマーク

  • RSS1.0 RSS2.0

バックナンバー