北の心の開拓記  [小松正明ブログ]

 日々の暮らしの中には、きらりと輝く希望の物語があるはず。生涯学習的生き方の実践のつもりです。

ある年を境に…

2017-06-30 23:54:56 | Weblog

 夕方に技術士の集まりで講演を一本やりました。

 最近の道路の維持管理の現状と課題を中心にまちづくり論までを一時間半ほど語って、意見交換をしました。

 話の枕は、「皆さん、最近道路が傷んでいると感じませんか?」というもので、うなずく方が多くおられました。

 その原因にはいろいろな状況がありますが、やはり舗装が傷んでも『予算がない』という理由で修繕ができないことにつきるでしょう。

 舗装事業協会の会員企業が受注する年間の道路の補修・修繕工事額を見ると、それは一目瞭然。

 平成22年を境に、補修・修繕の費用が格段に減らされており、それがいまだに戻ってはいません。まさにこれが政権交代だったということ。

 このままでは後世に負の遺産を残すことになるのは火を見るより明らかで、今が正念場です。

 
          ◆ 


 講演が終わった後の懇親会では、話の内容に関するものもありましたが、「予定時間にぴったり終わるその調整力がすごいと思いました」と変なところに関心をされました。

 私が愛用する時間表を見せてあげて、「こういう工夫を積み重ねていくとうまくなりますよ」と言うと、「実は今度小学校で、建設業について話をする機会があるので、参考にします」と言ってくれました。

「会場全体を俯瞰できるようになると、時間の出し入れができるようになりますよ。練習ですね」

 場数を踏んで、慣れてほしいものです。


 明日から釧路へ行って釣りをしてきます。どんな時間が過ごせるでしょうか、楽しみです。
 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ウニは英語で何という | トップ | ヤマベ解禁日は釣れん!~釧... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。