北の心の開拓記  [小松正明ブログ]

 日々の暮らしの中には、きらりと輝く希望の物語があるはず。生涯学習的生き方の実践のつもりです。

蕎麦を安く食べる方法

2016-10-15 23:29:48 | Weblog

 ごく身内で蕎麦パーティをやりました。集まったのは娘夫婦と義理の弟というごくごく近い間柄。孫も蕎麦が好きなのです。

 今日は、以前参加した蕎麦祭りのときに手に入れていた粉と、北海道そば研究会のブースで最後に余った蕎麦汁をもらったものの組み合わせですが、つまりはそば研究会がイベントで出す蕎麦と同じものが食べられるというわけ。

 蕎麦イベントでお客様に蕎麦を出していると、茹でる担当からは「あまり細いそばだとすぐにのびちゃって調子が悪いんだ。少し太めに打ってもらっておくとありがたい」という話をよく聞きます。

 それを思い出して少し太めに打とうと思ったところ、私にしては思いのほか太めの蕎麦になりました。家で食べるときはやはり細い蕎麦の方が良かったようです。次回への反省。

 

          ◆   ◆   ◆

 

 全部で15人前(1.5kg)の粉を打ったので、思う存分好きなだけ蕎麦を食べてもらいました。

 これに合わせて参加者は好きな日本酒を持ってくるので、蕎麦を食べる前も大いに盛り上がります。

 蕎麦って大盛くらいペロリと食べることができて、それでもまだちょっと足りないと思う事がしばしばなので、「いくらでも食べてください」と言われると、ちょっと幸せに感じます。

 身内の結束のためにもこの手のパーティはいいですね。蕎麦を安く食べようと思ったら、自分で打つしかありませんよ(笑)

 季節は新蕎麦の粉が出回っているころです。さて、次はいつにしましょうか。 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 聞き逃したラジオ番組が聴き... | トップ | 雪虫にサバ。季節は移ろって... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。