駒子の備忘録

観劇記と乱読日記、愛蔵コミック・コラムなどなど

澤田瞳子『夢も定かに』(中公文庫)

2017年01月30日 | 乱読記/書名や・ら・わ行
 聖武天皇の御代、後宮で働くべく阿波国から上京してきた若子は、同室になった姉御肌の笠女、魔性の春世とともに宮中で暮らすが、色と権謀の騒動続きで…仕事に意地をかけ、乙女心に揺れ、人知れぬ野望を育む先に何が待つのか? 平城京を陰で支えた女官たちを生き生きと描く宮廷青春小説。

 初めて読んだ作家さんでしたが、歴史小説家というよりは日本古代史研究家、の側面が強い作家さんなのでしょうか…
 ラノベふうのカバーイラストと帯のキャッチで文庫化していますが、看板に偽りありというか惜しいというか…
 まず、オチていないのが許しがたい。話に決着がついてないじゃん、なんでこんなふうに放り出して中途半端で終わらせるの? 担当編集者は何も言わないの? 単行本から文庫にするときに加筆修正するとかなかったの?
 それから、メインキャラクター三人に実在のモデルがいるせいかもしれませんが、それにしてももうちょっと、おもしろく、チャーミングに、濃く色づけしてもよかったんじゃないのかなあ…せっかくこの三人を選んでそれぞれ違う働き方、生き方をさせているんだから、そこに作家のメッセージや作品としてのテーマを乗せることがもっとできたはずなのに、漠然としていて魅力に欠けるんですよね…
 帯にあるように「平城京のワーキング・ガール」の話、であることをきちんと目指して、性格や志向の違う三人の女性が、それぞれがんばりトラブルに巻き込まれさらに思ってもいなかった選択をして終わる…という形に作れれば、すごくおもしろくなったと思うんですよね。
 で、若子が、笠女のように完全に男っ気なしで専門家として生きるのでもなく、春世のようにさんざん浮き名を流し女の出世の階段を上ろうとしたあげく愛に殉じて故郷に帰るのでもなく、男も知ったし愛も知ったけれどその限界も知ったので、すべてを上手く利用してただ真面目に働いていくことを選択する、出世や栄達は目指さない…というのは新しいし意外だし新鮮に見えたと思うんですよね。そこまで行ってほしかった、その資質はある小説だった。
 なので、オチてないじゃん!と怒るのと同時に、いかにも惜しいと無念に読み終えたのでした。残念…


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『エリザベート TAKAR... | トップ | 宝塚歌劇花組『雪花抄/金色... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

乱読記/書名や・ら・わ行」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。