駒子の備忘録

観劇記と乱読日記、愛蔵コミック・コラムなどなど

『酒と涙とジキルとハイド』

2014年04月12日 | 観劇記/タイトルさ行
 東京芸術劇場、2014年4月11日ソワレ。

 19世紀末のイギリス、ロンドン。科学者・ジキル博士(片岡愛之助)の研究室を恩師ダンヴァース博士の娘でジキルの婚約者のイヴ(優香)が訪ねてきていた。ジキルは留守で、彼女の相手をしていたのは助手のプール(迫田孝也)だ。やがて帰宅したジキルは、イヴの来訪と明日に控えた新薬研究発表会への緊張からかテンションが高い。さらにジキルの呼び出しで俳優ビクター(藤井隆)が研究室を訪れ…
 作・演出/三谷幸喜、美術/松井るみ、音楽/高良久美子。ロバート・ルイス・スティーブンソンの小説『ジキル博士とハイド氏』に着想を得た三谷幸喜最新作。全一幕。

 「ただただ笑っていただいて、後には何も残らない」ことを目指したそうで、それってただのコンとみたいなくだらないものじゃないんだろうな…とちょっと構えていたのですが、ちゃんとしていました。すみません。
 イヴが自分を解放していくくだりなんかはもしかしたらもっとフェミっぽく扱えるのかもしれないし、「飛ぶときはひとりで羽ばたきます」なんて台詞もあって「まさかの『エリザベート』ネタ!?」とか思いましたが、イヴが結局のところあれで幸せになったのかとか強くなれたのとかとかそしいうことは語られませんし、それでいい舞台なのでした。
 しかし藤井隆の怪演に支えられている作品ではあるなあ(^^;)。
 天井というか屋外を上手く見せる装置がなかなか素敵でした。BGMを演奏するというよりは効果音を入れるような音楽も良かった。お洒落な舞台でした。

ジャンル:
ウェブログ
キーワード
エリザベート ジキル博士とハイド氏 スティーブン 片岡愛之助 ジキルとハイド
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック
« 劇団☆新感線『蒼の乱』 | トップ | 宝塚歌劇雪組『心中・恋の大和路』 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。