駒子の備忘録

観劇記と乱読日記、愛蔵コミック・コラムなどなど

名前の話

2017年02月13日 | 大空日記
 大空祐飛さんが大空ゆうひさんに改名することになりました。

 何度か語っていますが、私の宝塚歌劇初観劇は『メランコリック・ジゴロ/ラ・ノーバ!』で、最初に好きになったスターはヤンさんです。当時のトップスターさんだったわけですから、これはまあ刷り込みみたいなものだったのかもしれません。でもちゃんと好きでした。今でも好きです。
 宝塚歌劇自体にハマってすぐ全組観るようになって、見つけたスターが大空さんでした。観続けているうちにトップが代替わりしていって小粒に思えるようになったり、観る演目を選り好みしたりして観劇からやや遠ざかり気味になっていた時代もずっと、好きではいました。韓流にハマっていたころに『太王四神記』宝塚歌劇化のニュースが舞い込んできて飛び上がり、その出来が良くてホゲが良くて気持ちが宝塚歌劇に戻ってきたところに組替えとトップ就任発表があって、ファンクラブに入って私の宝塚歌劇ファン人生第二期が始まりました(ちなみに今は第三期です)。ファンクラブには今でも入っています。
 なので、ファンクラブ公式サイトのコメントが更新された旨をメール配信でもらって、でも仕事中でサイトを見に行く暇がなくて、でもツイッターは見られて、コメントが単なる近況報告とかではないようだ、何かもっと大きな発表だったんだな、とはファンのツイートから察せられました。そこで私が思ったのは、もしかしてしばらく休業するとかそんなこと?ということでした。ライブの次のお仕事の発表がないし、あくせくしていないと言えば聞こえがいいけれど仕事の選び方に悩んでいるのではなかろうかとか勝手に心配していたので、そんな想像が先回ったのです。つい先日まゆたんが、結婚を機会にってこともあるでしょうけれどそんなような発表をしていたんですよね? その連想もあったのかもしれません。
 そんな想像ができるくらい、そしてそれでも仕方ない大丈夫と思えるくらい、今の私は仕事と現役に忙しくて、正直言って大空さんから心がちょっと離れ気味なんですね。
 だから、名前をひらがなにすると言われても、「ああそうですか、まあそれもいいかもね」とだけしか思わなかったのでした。けっこう動揺している方も多くて、そのツイートを読んで考えれば確かに大きなことだよなとは思うのですけれど、でもやっぱり今の自分は一番にそのことを考えるとかではないんだよな、というのが、正直な今の私の心のありようなのでした。

 もちろん、名前というものはアイデンティティに関わる問題でもあり、その変更となれば大問題です。
 私ですら、本名の他にここでの名前とかツイッターのアカウント名とかいくつかの名前を持っていてちょっとずつキャラが違ったりします。韓流ブログも違う名前でやっていましたし、同人誌時代には別のペンネームがありました。いずれもそれなりにこだわりがあったりします。
 タカラジェンヌには本名の他に芸名があって、愛称もあって、宝塚歌劇団を卒業しても芸能活動をする場合にはそれを使い続けることが多いものです。でも活動内容がかなり変わるので、悩む人も多いのでしょう。最近だとねねちゃんとか、ね。

 「大空祐飛」というのは四字熟語にも通じるようなずいぶんと堅い文字面で、でもそれがいかにも大空さんらしくもあったと思ってきたのですけれど、卒業を見据えた頃に、このまま女優でやるには堅すぎる芸名なのではないか、みたいな心配は私もしました。
 また、卒業を決めた心境みたいなものの話で、本名とは違う、愛称とも違う、「大空祐飛」という人間像、キャラクターをやっと完成させられたから、だから満足して、納得して、辞められる…みたいなことを言っていて、すごくわかるなと思う一方で、それはやはりタカラヅカのスターとしての、男役としての「大空祐飛」なんだろうし、その名前で今後また違う活動をしていくかもしれないことに関してはどう考えているのかな…とかもちょっと心配していたのです。でも、そもそも芸能活動をする気があるのかどうかも半信半疑でしたけれどね…最近の多くのスターさんのように、卒業の日付が変わったらもう次の仕事が発表されるような人ではなくて、そのままいなくなっちゃうかもしれない疑惑がごくごく自然に湧くタイプの人でしたからね。
 でも結局、多少の時間はかかりましたが、いわゆる女優さんとして芸能活動を続けてくれることになって、名前もそのままで、だからファンとしても楽しく新作に通っていきましたし、ゆるくなったなでも可愛いな素敵だなやっぱり好きだな好みだな、と感じてはきましたが…でも当人はいつしかその齟齬をやはり感じるようになったのかなと思えば、やはりなんとなく納得できる気がします。「ゆうひ」というのはずいぶんと丸く優しい文字だけれど、今の大空さんのゆるさ、気取らなさにはちょうどいいのかなしれないし、いずれなじむことでしょう。
 私にとっては変わらず「大空さん」だし「ヨウコちゃん」だしな、というのも大きいかもしれません。普段からきちんと「祐飛さん」と呼んでいる人は、やはり据わりが悪く感じられるかもしれませんね。

 でも、それより何より仕事の発表を求めているんですよね実は私は…『ヘッズ・アップ!』再演決定はそりゃめでたいです。オリジナル・ミュージカルとしてとても良くできていたと思っています。でもほぼほぼ同じ座組みなら私はもう行かないでしょう。
 私は、新作が観たい。新しい大空さんが観たい。ぶっちゃけ名前なんてどうでもいい、とまでは言いませんがしかし、私の一番の関心事はそこにはないのでした。どんな名前でも中身は変わらない、♪薔薇という名の花は名前を変えても…です。でも新作がないなら興味が持続できないのです。
 今でも一番に大空さんのファン、という方には不快かもしれませんが、私にとってはもうそういうことになってきてしまっているんだと思います。
 あいかわらず好きな女優さん、好きなOGさんです。好きな顔、好きな声、好きな芝居、好きな歌、好きな佇まい、好きな話し方の人です(もっとたダンスも観たいよ!)。今後もずっと、良さそうな演目に出てくれるなら観に行きたい、いろいろ観たい。
 でももう今までのようには通わないでしょう。そもそも宝塚歌劇のようにリピートする方が異常なのであって、例えば今なら『ロミジュリ』とか、役替わりがあったりアンサンブルも豪華だったりするグランドミュージカルなら何十回も行くファンも多いかもしれませんが、例えば『ワーニャ伯父さん』を全通する、とか普通しないわけじゃないですか演劇ファンって。むしろまた次に再演されるときに、別の座組みで公演されるからそれを観る、そうやって演目を、戯曲を愛していく…というものですよね。
 そもそも宝塚歌劇とは公演のタイプが違うから比べても意味はないのかもしれませんが…宝塚歌劇は新作主義で再演されるとは限らないし、常に誰かの退団公演でメンバーも一定しないし、出演人数が多くて場面数が多くて見きれないから通うしかない、そして通うに足る公演だと思うのです。外部なら普通は飽きちゃうんじゃないかな。そんな鑑賞回数に耐えない、というかそういう見方をするものではない、というか。
 そして大空さんは現役生ではない、OGであり普通の外部の舞台に出演する人になりました。だから今までのような回数では観ない。そして私は舞台が好きだけれど宝塚歌劇というジャンルそのものを愛してもいるので、現役と同等の愛と情熱とお金と時間は注げないのだな、と自分でもわかってきたのです。
 さびしいことではありますが、人の心は移ろうものなのです。私もひとつ大人になったということです…

 それでも元トップスターだから外部でも活躍の場があるし、その気になれば追っかけやすいからいいよね…と今から先を心配していじいじしているくらい、今の現役が好きなんです。
 ああ、普通にお嫁に行ってほしいな、中途半端な公演に中途半端に出たりリアルな知り合いにしかおもしろくないインスタとかされたら萎えるなー…と今からいじいじしているのです。
 大空さんは、たゆまず、颯爽と、あるいはのんきに、歩いて行ってくれると思っています。それは信じられる、だから大丈夫。そういうふうに、ちゃんと好き。
 そんな、言い訳をしてみました。



ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 澄輝日記7~宙『王フェス』... | トップ | 宝塚歌劇雪組『星逢一夜/G... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ふかみどり)
2017-06-22 00:15:08
再度お邪魔いたします。過去記事を読ませて頂いていたら偶然にも・・・正直FC更新を迷っていたのです。関西人にはどんどん遠い人になってしまい寂しいけれど、過去の人になってしまいそうで、ウジウジしていたのですが、駒子さんの記事で「・・・・でしょ?!だから・・・だよね。」って整理出来ました。ありがとうございました。因みに血液型も同じで勝手に親近感懐いちゃってます。今後も訪問させて頂きます。
どうしても東京中心に (ふかみどりさんへ)
2017-06-26 11:38:18
なりますもんね、OGさんの活動の場って…
私も悩みましたが、結局一応更新はしました。
シャンソンライブも『カントリー』も『円生』も行く予定です。
ただ、初日から、とか何度も、ではないな…というところです。
むしろスミカの『危険な関係』が今は楽しみです!(^^;)

●駒子●

コメントを投稿

大空日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。