田植え機に乗ったサラリーマン(常陸の国から)

サラリーマンのきまぐれブログ。トレッキング、農業、旅行、グルメ、地域のイベント、日々の思いなどを書き込んでいます。

北海道車中泊の旅-2(2017年6月)

2017年06月29日 16時59分00秒 | 
ぶらぶらと
6月12日(月)4時00分 曇り
昨夜は9時ごろ寝ちゃいましたんで3時過ぎに起きてしまいました。寝るときは15~6台止まっていたんですが今朝は入口の方に3台、私を含めて昨夜の車中泊は4台だったようです。(後はほとんど温泉のお客さんの車だったようです)
チャッチャと準備をして4時過ぎに道の駅「やたて峠」を出発、でもここから青森フェリーターミナルまで70kmぐらい直行すると早く着き過ぎちゃいますんで途中にある道の駅をぶらぶらチェックしながら行こうと思います。
R7を北上、先ずは峠を下りて直ぐのところにある道の駅「いかりがせき」に立ち寄りました。

「道の駅 いかりがせき」-1
人気ブログランキングへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
(バナーをポッチンとクリックして頂くとブログランキングが表示されます。現在「茨城5位、「生き方4位あたりで~す。緑と青のバナーを1日1回クリックして頂くと順位に反映されますので、宜しくお願いしま~す。)

もう関東では咲き終わったハナミズキが満開で迎えてくれました。

「道の駅 いかりがせき」-2

ピンクとホワイトの素敵なコントラスト、きれいでした。満開と言えば写真はないんですが山形、秋田、青森にかけての山道のそこかしこにアカシアの真っ白い花が咲き乱れていました。例によってニセアカシアの花だと思うんですが、余りにもあり過ぎていつでも撮れると思って撮り損ないました、まぁそんなもんです。

「道の駅 いかりがせき」-3

ここで情報収集しようかなと思いそれらしき他県ナンバーの方に話しかけてみると、初北海道ということで逆にアドバイスを求められてしまいました。それではということで、道の駅をチェック、R7に面していますが駐車場は結構広く大型車とセパレートされていて温泉もありなかなかいい感じです。でも夜間トイレが狭い感じで、その点は「やたて峠」の方がいいかなぁ、でもまぁ7~8kmしか離れていませんのでお好みでって感じですね。

「道の駅 いかりがせき」-4

まだまだ早いんでさらに寄り道をします。R7は弘前市を通って青森市に続いているんですが途中から黒石市方面に、田舎舘村にある道の駅「いなかだて」に寄り道です。

「道の駅 いなかだて」-1
人気ブログランキングへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ

ここも広くて良い感じです、5~6台が昨夜車中泊って感じです。トイレもすごくきれいで良いかも、そして青森フェリーターミナルまで30kmぐらいですので、待機場所としてもgoodかもしれません。

「道の駅 いなかだて」-2

何か奥の方にも施設があるようです、まだまだ時間もありますんでぶらぶらと朝の散歩です。先ずは後方に素敵な山が、「岩木山」ですね。(相変わらずの日の丸構図で進歩がありませんね)

「道の駅 いなかだて」-3

さらに進むと鉄道の「駅」が、「田んぼアート駅(弘南鉄道)」と書いてあります。あの有名な「田んぼアート」の会場らしいですが今は田植えしたばかりのようで何も見えません、ていうか場所が良く判りませんでした。夏から秋7~8月にかけてが良いみたいでその時期は混み合うようです。これを目的に来た訳ではありませんのでガッカリはしませんでしたが、どうせなら一目……。でも何となく雰囲気は判りましたんでOKです。さらにぶらぶらしていると道の駅の後ろ側にJRAのウインズ津軽が、良く判りませんが開催時期には道の駅にも多少影響があるんでしょうか、この辺は要チェックですね。

「道の駅 いなかだて」-4

6時ちょうどまだ時間的には余裕がありますが買い物もありますんでそろそろフェリーターミナルに向かいます。
途中コンビニでおにぎりの朝食を食べ、船中の軽食と飲み物を購入、7時40分に青森フェリーターミナル到着です。

「青森フェリーターミナル」-1
人気ブログランキングへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ

事務所で乗船名簿を記入、受付に提出します。予約をしていましたんでスンナリです。
そしてここで必殺技の登場、スミマセン「WEBクーポン券」割引をお願いしま~す。(ネットをされている方なら誰でも知っているんで必殺技というほどの大げさなことではありませ~ん)
このページのcopyを見せるだけで6月は3割引きの運賃に、私の車の場合18,000円 ⇒ 12,600円、3割引き(△5,400円)の運賃になります。(6、9月が3割引き、通常月は1割引。2017年6月現在)
乗船まで時間がありますんでターミナル内をぶらぶら、この船はもうひとつのフェリー会社の船、きれいですね。

「青森フェリーターミナル」-2

こっちの船が乗船する船、少し年季が入っていますねぇ、でも4時間ですから。

「青森フェリーターミナル」-3

そして乗船、乗用車少ないです、7~8台かな、トラックの後に続いて船腹に、この辺はもう慣れたものです、全部で15~6台、この時期は割引率が示している通り閑散期なんですねぇ。

「青森フェリーターミナル」-4

そういう訳で船中はガラガラです、年配の何やら一人旅の方と目があいました。何となく北海道ですか、そうですかとういうことで、船中の話し相手が出来ました。どうやら車中泊の方はベテランらしいです(自分で軽自動車を車中泊使用にコツコツ改造したみたいです)が初北海道ということでいろいろ質問されちゃいましたぁ。先ほどの「WEBクーポン」の件を話しましたらどうやら正規料金で乗ったみたいで、盛んに悔しがっていました。copyが余っていたんで帰宅用にあげました。どうも道の駅(117駅)スタンプラリーをやるようです、何の目的もないとどこに行って良いか判らなくなってしまうんでということみたいです。そうですよね、北海道広いですから何となく判ります。(100名山、百寺巡礼、100名城、神社100選、47都道府県巡り、札所巡り、道の駅ラリー等々日本人はこういうのが好きみたいですね)
話し相手がいましたんであっという間に時間が経過、風は強かったんですがあまり揺れませんでした。

「青函フェリー」-1

北海道が見えました、函館山ですね!
生憎の曇り空ですが久しぶりの北海道、テンションが上がってきました。
12時10分 定刻に函館フリーターミナルに到着、余り時間がかからずに北海道上陸です。

「青函フェリー」-2

上陸して直ぐに走り出せるようにナビは設定してあったんですがGPSが電波をキャッチしてないようで少し道路脇に駐車、程なく動き出しました。今日は半日ですので余り無理せず早めに寝床を確保しようと思います。取り敢えず前回廻れなかった松前方面をぶらぶらと目指そうと思います。
その前に昼飯、コンビニのおにぎりでもあれなんで国道そばにあった店にふらっと入ってみました。

「柳園」-1
人気ブログランキングへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ

注文したのは確かタンメン?だったような、美味しかったです。
北海道はラーメン屋さんのレベルが高く知らない店でも安心して入れます。(競争が激しいでしょうから美味しくない店は多分排除されてしまうんですかね)

「柳園」-2

R228を南下、木古内から知内を目指します。出来れば知内にある「知内川」をチェックしようと思います。道の駅「しりうち」に到着、辺りをぶらぶらと散策、でもこちらがイメージしているようなところはありませんでした。ほとんどの川がそうなんですがそう簡単には川底には下りられません、まぁ1回では無理ですね。上流部には「千軒石」という有名な石があるそうなんですがそのあたりには森の番人「ヒグマちゃん」もいらっしゃるということで、雰囲気は感じられましたんで十分サッサと撤退です。
ここでUターン、木古内に戻りここから道々5号に入り上ノ国町を目指します。松前を廻ると時間かかりそうだったんでショートカットです。
道々5号に入ってからナビがしきりに「この先踏切があります」と知らせて来ますが、一向に踏切はありません。後で分かったんですが道々5号に沿って2014年までJR江差線が走っていたんですねぇ、私のナビは5年落ちなんでまだ江差線が走っているようです。
途中こんなのに反応、「携帯電話不感地帯」、営業の方が喜びそうな案内板ですね。

「道々5号」-1

そしてこんな沢にも反応、川底に下りられたんですが上から見た限り目ぼしい石はありませんでしたのでスルーしました。

「道々5号」-2

15時30分、峠を越えるとお目当ての温泉に到着です。
「湯ノ岱温泉」 入浴料 大人:350円
温泉分析(泉温41.6度)源泉かけ流し(一部加水・加温あり)
泉質:ナトリウム・カルシウム-塩化物炭酸水素塩泉(中性低張性温泉)

「上ノ国町国民保養センター」-1

初日の「やたて温泉」も良かったですがここはもっと凄かったです。色は同じようにまっ茶色、湯船の周りは石で囲まれているんですがその石に温泉成分(カルシウムなど?)が付着して石灰化しています。床も周りの壁もそんなな感じ、特に床は段差が感じられぐらい層を形成しています。それぞれ温度が違う湯船は3つと打たせ湯があります。建物、温泉設備は古いんですがお湯はgoodでした、まぁオススメです。(確か石鹸は置いてなかったような)

「上ノ国町国民保養センター」-2

17時00分、日本海に出て反対方向の江差町のドラッグストアで不足品を補充、やっとお目当ての道の駅「もんじゅ」に到着です。

「道の駅 もんじゅ」-1
人気ブログランキングへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ

港の上の高台に位置しています。

「道の駅 もんじゅ」-2

なかなか素敵なロケーションです。(奥の砂利の駐車場で車中泊しました)

「道の駅 もんじゅ」-3

ウェルカムフラワーは咲き始めたハマナス、良い感じです。

「ハマナス」-1

折角ですのでアップで。

「ハマナス」-2

ウェルカムバードはカモメ?、ウミネコ?、まぁカモメの一種ということで。

「カモメ?」
人気ブログランキングへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ

ここは人気のスポットというのもうなづけます。景観が素敵で道の駅の奥の方が公園になっていて、小さいですがネットで囲われたドッグランもあります。そして平日なのに随分と車が混んでいるなぁと思っていたらほとんどが釣り客の車でした。どうやら下の港近辺が有名な釣りのスポットになっているようで、車の方は夕方暗くなってから一斉に引き上げて行きました。(朝方は未明から車が数台やって来てうるさかったです)

「道の駅 もんじゅ」-4

早速周辺をぶらぶらしているとフェリーで出会った方と早速再会、既に何カ所かスタンプゲットしたみたいで今日もここに泊まらずに先を目指すそうです、気合が入ってますねぇ、何せ117ヵ所ですから。そしてご夫婦でワンボックスで旅されている神奈川のTさんという方とお話、いろいろな情報頂きました、道の駅の水場とか(ここ高台にあるせいかトイレの水の出がイマイチなんです)、ここは夕陽スポットだとか、そして情報のほかにお魚の燻製まで頂いちゃいましたぁ、Tさんありがとうございました~。(小樽方面で良い温泉ありますかと聞かれましたので昨年入浴して良かった神恵内村の「リフレッシュプラザ温泉998」を紹介しときましたがどうでしたか、まぁ個人的な好みもありますので……)

「サンセット」-1

トイレのところでもう一人自転車で旅されている方がいました、日本一周だそうで明日はフェリーで「奥尻島」に行くそうです。さらにもうひとり旅人がこちらは自転車を車に積んで旅されている方で、こちらの方も「奥尻島」に行かれるそうです。ここから少し北の江差港から奥尻島行きのフェリーが出ていますんでここは待機場所にもなっているんですかねぇ。まぁ、いろんな「旅」のスタイルがあるんですねぇ、私の「旅」のスタイルも変わっていると思っていたんですがそうでもないようですねぇ。
18時30分過ぎ、おっとそろそろサンセットタイムが始まりますねぇ、一眼レフは持ってきたんですが面倒くさいんでバッグにしまったままだったんですがさすがに引っ張り出しました。Tさんご夫妻と揃って撮影タイムです。

「サンセット」-2
人気ブログランキングへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ

公園は芝生が張られその周りに遊歩道があって、まぁ何とも夕陽に似合うステキなモニュメントが置かれています。
北海道上陸初日にしてこの「旅」のベストショットが撮れちゃいました。公園の一番奥の海に近いベンチに座って老夫婦が夕陽を眺めていたのは写真を撮りながら目の端に入っていました。足元が暗くなってきた頃合いに2人は腰を上げ帰路につき始めました。いつもは「人」はあまり撮らないんでまぁ撮るか撮らないか迷ったんですが逆光ということでシャッターを押してみました。後で写真を見た時このご夫婦(たぶん)のシルエットの距離感が何とも絶妙の距離に感じられました、遠くもなく近くもなく、たぶんこのお二人の歩んできた人生の距離感って感じなんでしょうね、たまには写真に題名をつけてみましょう。
「つかず離れず」

「サンセット」-3

19時前に日本海に夕陽は沈みました。ロマンチックな雰囲気に浸っていると何かクソ寒いです、半袖何枚か持ってきましたがこの時期北海道には半袖必要ないですね!

「サンセット」-4

この後Tさんご夫妻のワンボックスの2~3台脇に車を停め車中泊の準備をして、車の中に潜り込みました。今日の晩飯は途中のセイコーマートで購入したカツ丼(ホッとシェフ)と北のポテトサラダ、おつまみのザンギです。食事を終え例によって缶酎ハイを開けたんですが渡道初日の興奮もあってかなかなか寝付かれません。
そっとドアを開け辺りをブラブラ散策、下の方には港の明かり、遠くの海には船の明かり、でもやっぱり寒いんでそこそこに車に戻りました。
寝袋に潜り込み明日の行程などを考えていたらいつの間にか寝落ちしてしまいました。夜中に起きた時にLEDライトが点いていました。
そんな「道の駅 もんじゅ」での車中泊、風の音と波の音のハーモニーがそっと優しく包み込んでくれたようです。

本日の走行距離 221km( 道の駅やたて峠 ⇒ 道の駅もんじゅ ) 累積走行距離 882km

次回に、つづく。

人気ブログランキングへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
(バナーをポッチンとクリックして頂くとブログランキングが表示されます。現在「茨城5位、「生き方4位あたりで~す。緑と黄色のバナーを1日1回クリックして頂くと順位に反映されますので、宜しくお願いしま~す。)
『茨城県』 ジャンルのランキング
コメント (7)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 北海道車中泊の旅-1(2017年6... | トップ | 北海道車中泊の旅-3(2017年6... »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは (tempo1078)
2017-06-29 17:41:24
今度は
日本海側を北上して
北海道ですか。

道中、
お気を付けて!!!

いつも! (サラリーマン)
2017-06-30 20:02:52
 度々のコメントありがとうございます。
仕切り直しですネ (洋ちゃん)
2017-07-01 08:32:45
その後どうしたかなって覗いて見たら・・・
出発していました
いよいよ北海道ですね
楽しみにしています
北海道車中泊の旅 (神奈川 T)
2017-07-01 08:45:50
お早うございます。道の駅「もんじゅ」で出会い、いろいろアドバイスいただきありがとうございました。翌日「リフレッシュプラザ温泉998」行きましたが休館日でしたので、積丹岬でウニ丼を食べその後入浴、道の駅「余市」泊。翌日ニッカウヰスキー見学し小樽に向かい市内観光後フェリーターミナル泊、6/15AM便で帰路しました。また車中泊の旅での出会いを楽しみにしています。
仕切り直し! (サラリーマン)
2017-07-01 09:32:52
 洋ちゃん、久しぶりです。
まぁ、仕切り直しっていえば仕切り直しなんですが、今回は短い旅になってしまいました。それでもいろいろありまして、北海道はいいですねぇ!
ではでは。
リフレッシュプラザ温泉998! (サラリーマン)
2017-07-01 09:34:05
 Tさん、その節はいろいろとありがとうございましたぁ。
そうですか「休館日」でしたか、でも積丹はたくさん温泉がありますから、リフレッシュプラザは次回ですかね。
いつの日かまた北海道の「道の駅」でお会いする日を楽しみにしています。
ではでは。
Unknown (下檜沢の異邦人)
2017-08-15 09:39:11
青森、北海道は懐かしいー。10年位前に行ったきりです。

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。