田植え機に乗ったサラリーマン(常陸の国から)

サラリーマンのきまぐれブログ。トレッキング、農業、旅行、グルメ、地域のイベント、日々の思いなどを書き込んでいます。

田おこし(2018年)

2018年02月18日 19時11分30秒 | 農業
「春一番」が吹く頃にいつも行う農作業があります。そう「田おこし」です、ここらあたりでは「田んぼ掘り」って言っています。昔は牛馬を使って掘ったり「万能」という農機具を使って手作業で掘ったりで大変な作業だったみたいですが、今はトラクターを使って一人でチャッチャと出来ちゃいます。

「田おこし」-1
人気ブログランキングへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
(ランキングに参加中、クリックして応援宜しくお願いしま~す)

寒いんで少し暖かくなった10時頃に、しばらく倉庫で眠っていたトラクターを引っ張り出し田んぼに向かいました。誰もいないと思っていた田んぼなんですが作業をしている人が何人かいます。
これは多分「クロ掘り」作業かなぁ、アゼの近くはトラクターではよく掘り起こせないんで手で掘り起こすんですよね。

「クロ掘り」

遠くでは煙がたなびいています、「芝焼き」ですねぇ。この時期土手やアゼの枯れ草を一気に焼いてしまいます。

「芝焼き」
人気ブログランキングへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ

さて見とれてないで「田おこし」作業を始めましょう。昨年一度「荒おこし」したんですが「稲株」が浮いて結構残っていますので、ロータリーの回転速度を上げこれを粉砕しながらゆっくりゆっくり進みます。
掘り起こした土の中の虫でも狙っているんでしょうか「セキレイ一家」が後ろを一緒にくっついて来ます。トラクターのエンジン音が結構うるさいんですが全然逃げませんねぇ。

「田おこし」-2
人気ブログランキングへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ

土の色と羽の色が似ていますんで写真では良く見えませんがトラクターの後ろに3~4匹います。UPで撮るとこんな感じの鳥です。日本全国あちこちで見かける鳥ですね。

「セキレイ」

空ではトンビがゆうゆうと弧を描いて飛んでいるんですが、コンデジではこれが精一杯、これでは何の鳥だかちょっと判りませんねぇ。

「トンビ」
人気ブログランキングへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ

トラクターの上で昼食のおにぎりをほおばりながら頑張って作業継続、午後2時30分何とか作業終了しましたぁ。

「田おこし」-3

帰り道ふと前方を見やると空気が澄んでいるせいでしょうかはるか遠くの雪を被った山々がきれいに見えました、那須連山ですねぇ。

「那須連山」

あそこから冷たい風が吹き渡ってくるんですよねぇ、寒いはずです。でももうちょっとかなぁこの冷たい風も。

次回に、つづく。

人気ブログランキングへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
(ランキングに参加中、クリックして応援宜しくお願いしま~す)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

福寿草(2018年)

2018年02月15日 10時46分42秒 | 四季
今年も「福寿草」が咲きました。

「福寿草」-1
人気ブログランキングへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
(ランキングに参加中、クリックして応援宜しくお願いしま~す)

先日二度目の雪が降って今年はまだまだかなと思っていたんですが、3~4日前から咲き始めたみたいです。

「福寿草」-2

こっちはもうちょっとですねぇ。

「福寿草」-3
人気ブログランキングへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ

陽射しはあるものの風は冷たくまだまだ寒いんですが春はそこまで来ているようです。
春よ来い!

次回に、つづく。

人気ブログランキングへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
(ランキングに参加中、クリックして応援宜しくお願いしま~す)
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

初 雪

2018年01月22日 16時31分05秒 | 四季
午前中なんか肌寒いなぁと思っていたら昼過ぎに空から白いものが降って来ましたぁ。
あっという間に真っ白、初雪?ですかねぇ!(チラチラ降った雪はあったかも)

「初雪」-1
人気ブログランキングへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
(ランキングに参加中、クリックして応援宜しくお願いしま~す)

この辺りは滅多に雪は降りません、降っても年に2~3回程度、こんな積雪はほんと珍しいです。

「初雪」-2

天気予報によると夕方から夜半にかけてが本番らしく気温が下がると大雪になるかもしれませんね。(気温は微妙みたいなんですが)

「初雪」-3
人気ブログランキングへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ

昨日は暖かくて公園の「紅梅」も綻び始めたんでこのまま春になっちゃうのかなとも思ったんですが、そうそううまくは行きませんね。
そういえばこの辺りは例年1月下旬が一番寒い時期なんで、やっぱりって感じです。

「初雪」-4

雪は降らないですが凍結はしますんで念のため毎年スタッドレスタイヤを履いていますがまぁほとんど活躍する機会はありません。でも滅多にない雪なんで明日は雪道の走行テストでも……、ハハハ冗談です。
おっとまた雪が横殴りに大分強く降って来ました、大丈夫かなぁちょっと心配ですね。

次回に、つづく。

人気ブログランキングへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
(ランキングに参加中、クリックして応援宜しくお願いしま~す)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

紅 梅

2018年01月21日 17時53分00秒 | 四季
今日も暖かな日差しのなか公園でウォーキングをしました。30分ほど歩いて折り返し地点の遊具のところで屈伸運動をしながら休憩、そしてまた歩き出そうとして脇の紅梅を何気なく見やるとぷっくり膨らんだいくつもの赤い蕾が目に飛び込んで来ました。

「紅梅」-1
人気ブログランキングへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
(ランキングに参加中、クリックして応援宜しくお願いしま~す)

えっまさか花はまだだよねと思ったんですが、なんとなんと咲いていました、まだ一輪二輪ですが。

「紅梅」-2

冬はどこかでお休み中のようです。

次回に、つづく。
人気ブログランキングへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
(ランキングに参加中、クリックして応援宜しくお願いしま~す)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大 寒

2018年01月20日 16時04分15秒 | 四季
菜の花
今日は二十四節気のうちの24番目の「大寒」、一般的には一番寒い日、でも今日は氷も張らず暖かな朝でした。

「菜の花」-1
人気ブログランキングへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
(ランキングに参加中、クリックして応援宜しくお願いしま~す)

毎日ではないんですが散歩をしていまして、同じところですと飽きてしまうんであちこちローテーションを組んで歩いています。
今日は新しく散歩道を開拓、近くの川の堤防の道、朝晩は犬を連れた方が多いんですが昼間の時間はあまり人はいません。そして何より良かったのは車を止められるスペースがあったことです。

「菜の花」-2
人気ブログランキングへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ

そんな堤防の道を小一時間散歩、ふと冬枯れした土手を見ると何やら黄色い花が、なんと「菜の花」です。当地は茨城県でも北部にあたりこの時季は厚氷も張る結構寒いところなんでまさかとは思ったんですが、間違いなく「菜の花」です。
よく見ると土手の斜面の枯れた草の間にポツポツと咲いていました。何か一番寒い日に春のしっぽを見つけてしまったようです。

「菜の花」-3

まぁ今日が一番寒い日ということは、考えてみればこれからは明日から一日一日と暖かくなって行くんですかね。

次回に、つづく。

人気ブログランキングへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
(ランキングに参加中、クリックして応援宜しくお願いしま~す)
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

ラジオ-2

2018年01月11日 18時00分00秒 | 良いもの
SONY ICF-R351
「SONY ICF-EX5」をゲットして「旅」に関するラジオの件は片付いたと思ったんですが、ラジオのもう一つの役割である「熊よけ」対策面からは長さ26cm、重さ約1kgのサイズは結構デカクて、今までの「Panasonic RF-P150A-S」みたいにザックの上蓋に入れて持ち歩くという訳にはいかずちょっぴり困ってしまいました。
ということで「感度が良く軽量でコンパクトなラジオ」というポイントで調べてみると、名刺サイズで胸ポケットに入り感度も良いシンセサイザーラジオ(デジタル選局式ラジオ)というのがあるみたいで、特に山エリアコールと呼ばれる機能の付いた「ICF-R354M」(アマゾン8,000円前後)が有名で「山ラジオ」と呼ばれているようでした。
まぁ私はヘビーユーザーではありませんので一世代前の「ICF-R100MT」、「ICF-R351」あたりを例によってヤフオクで探してみることに、すると「ICF-R351」(作動確認済、美品、スタート価格1,000円)が出ておりさっそく参戦、2,500円を超えるあたりで私を含め3人に、ダメならここまでということで最後に3,000円を入札、運よく3,000円で落札、送料360円で計3,360円でゲットしました。(平均落札価格は3,500円前後でしたのでまぁまぁでしたかね)
しばらくして商品到着ピッカピカの美品ではありませんでしたがそこそこって感じで動作もOK、取り敢えず今は散歩のときに胸ポケットに入れて使っていてNHKと地元ローカル局はノイズもなくバッチリ綺麗に入ります。山エリアコールはついていませんがラジオ局がプリセットされていてボタンひとつで選局が出来るのがいいですねぇ。

「SONY ICF-R351」
人気ブログランキングへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
(ランキングに参加中、クリックして応援宜しくお願いしま~す)

「熊よけ」対策にラジオを使っていると前記したんですがラジオが電波を受信出来ればまぁ問題ないんですが谷間や渓流に入ることが多いためこれがなかなか難しく上手く行きません。でもう一つの対応策として昔懐かしいカセットレコーダーを使ってみてはと思いつきました(まぁ、値段が安くて音が出れば何でもいいんですが)。
またまたヤフオク、「アイワ カセットレコーダー TP-540」(動作確認済、録音機能未確認、スタート価格300円)、まぁこんなもの誰も落とさないと思っていたんですが間際に一人参戦して来て値段が上昇、それでも460円で何とか落札、送料340円 計800円で何とかゲットです。
商品到着、以外にい小さい感じ、カセットテープは机の奥に眠っていた大昔のヤツが3~4個ありましたんでこれでテスト、まぁそれなりの音ですが音は出ますんでOKです。これで、ポケットラジオと併せて「熊よけ」対策として使えますね。

「aiwa カセットレコーダー TP-540」

後日、近くの渓流でこのラジオとカセットレコーダーをテストしてみたんですがちょっぴり音が小さい感じですかねぇ、水量が多い渓流なんかでは水の流れの音で消されてしまうかもしれません。まぁ軽量、コンパクトということで持ち運びの面では問題ないんですが……、「あちらを立てればこちらが立たず」なかなかうまく行きませんねぇ、ハハハ。

次回に、つづく。
人気ブログランキングへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
(ランキングに参加中、クリックして応援宜しくお願いしま~す)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ラジオ-1

2018年01月08日 17時30分11秒 | 良いもの
SONY ICF-EX5
2018年がスタートしてだいぶ経過してしまいましたが、皆様本年もよろしくお願いいたします。

今年も「車中泊」絡みの一年になりそうなんですがこの時期はさすがにコタツで丸くなってじっとしています。でも頭の中では「車中泊」に関してのいろいろな思いがグルグル駆け巡っています。
その一つが「ラジオ」です。
車中泊の夜は人にもよるんでしょうが結構長くてその間何をするかが結構な問題、食事をしたりお風呂に入ったり本を読んだりそして運よく話相手がいれば話をしたりで時間が潰せればいいんですがそう上手く行かない時も、そんな時はちょっぴり困ってしまうことがあります。いつだったかとある「道の駅」で前列に駐車していたキャンピングカーが隣に移動してきました、ドライバーの方が下りて来たんで挨拶がてら聞いてみるとTVが映らないんで少し位置を変えたとのことでした。車の中で皆さん何をしているのか気にはなっていたんですが、そんなもんですよね。
時間つぶしや情報収集のツールとして最近はいろんな電子機器が出ているようでTVはもちろんDVDやCDなどを出先の車の中でも簡単に視聴出来るみたいで、皆さんいろいろ工夫して寝るまでの時間を楽しんでいるようです。で私はといえば知識が乏しいことや経済的なことに加えて車も小さくバッテリーの関係などもありそっち方面にはなかなか手を廻すことが出来ませんでした。でもそんな高価な電子機器はともかく「ラジオ」ぐらいなら何とかなりそうです。車中泊を始めるまではラジオなんて全く興味がなかったんですが、私たちの年代にとってラジオはちょっぴり甘酸っぱい思い出がある身近なツールです。家にあった多少ノイズの出るでっかい真空管ラジオ、中学校時代仲間と作ったゲルマニウムラジオ、そして受験勉強の時に聞いた深夜放送のオールナイトニッポン、パックインミュージック、セイヤング、ジェットストリームなど、遠い遠い昔が直ぐによみがえって来ちゃいます

ということで2年ちょっと前アマゾンで購入したのがこのラジオ、「Panasonic RF-P150A-S」(1,835円送料無料)です。
Panasonic RF-P150A-S
AMFM2バンドラジオ 幅x高さx奥行115x68x28 mm 重量168g 電源 単3形乾電池×2本
コンパクトな携帯ラジオとして平地で聞くぶんには全く問題ありません。音質とか質感とかこだわらなければコスパ抜群の良いラジオです。購入した要因も大手電機メーカー製品で「安い」というところが最大のポイントでした。
昨年の北海道の車中泊で使っても港や海の近くでは地元のローカル局が多少のノイズは入るものの聞くことが出来ました。でも少し内陸に入ったり山に入ると電波が途切れ途切れだったりあるいはまったく受信しなかったりで、受信感度は値段相応って感じでアウトドアで使うには少し厳しい感じでした(山ではどんなラジオも受信感度は厳しいんでしょうが…)。

「パナソニック RF-P150A」
人気ブログランキングへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
(ランキングに参加中、クリックして応援宜しくお願いしま~す)

ということで帰宅した後に受信感度にポイントをおいてラジオを探してみることにしました。
早速ネットで検索をかけてみるといろいろと出てきましたが、「SONY ICF-EX5MK2」(11,980円 アマゾン)が何人かの方のブログで国内最強の文字とともに記事が掲載されていました。
SONY ICF-EX5MK2
スピーカー径10cm スピーカー出力1.3W 幅×高さ×奥行(mm)約264×149×63mm 質量約1,050g
電源 家庭用電源(別売AC-D4L)、乾電池(単2×4)2009年2月発売

う~ん、なかなか良いみたいですねぇ、でもねぇ年に3~4回しか使わないものに10,000円以上を支出するのは………、さらに調べていくと「MK2(マークツー)」の記番で判るようにこれは2代目モデルらしくその前の初代「SONY ICF-EX5」というのがあるみたいでした。
SONY ICF-EX5
スピーカー径10cm スピーカー出力1.3W 幅×高さ×奥行(mm)約264×149×63mm 質量約1,050g
電源 家庭用電源(別売AC-D4L)、乾電池(単2×4)1985年10月発売(2001年設計等改訂)

もちろん今は「製造中止」なんですがスペックはほぼ同じで性能もなかのもののようで、程度の良い品物はコレクターなどの間でプレミアム商品になっているようです。ヤフオクで調べてみると落札平均価格が6,500円前後、こっちなら何とか手が出せそうです。
取り敢えず一番のポイントは稼働品であること、外観の傷とか汚れは全然OK逆に値段が下がれば大歓迎って感じで、「擦れ、小傷等あり 電池ケーススポンジ粘りあり スタート価格1,000円」の商品に入札してみました。予想通り人気の商品らしく4~5人が参加している模様、2,000円、3,000円と値段が上昇、3,500円を過ぎるあたりで私ともう一人の方の叩き合い一騎打ちに、相手の方の評価の数を見るとゲェッ20,000超、明らかに業者関係の人ですねぇ。ここで腹を決めました、4,500円まででそれ以上は追っかけないことにしました。結果相手は4,000円で下りて「4,100円」で落札出来ました。考えてみれば業者さんは儲ける訳ですから想定売値以上は入札して来ないんですよねぇ、こっちは実需、儲けは関係ありませんから、まぁこの辺は微妙、今回は相手に恵まれラッキーって感じでした(業者さんから見れば多分上値を追っかける商品ではなかったということですね)。

2~3日して商品が手元に、「受信動作確認済」と記載があったもののオークションの品物ですから確認するまでは心配、早速チェックしたらOKでしたぁ!
スピーカーからいい音が聞こえて来ました。

「SONY ICF-EX5」-1

この「SONY ICF-EX5」というラジオは後で調べて判ったんですがブランドは記載の通り「SONY」なんですが、秋田県小坂町にある「十和田オーディオ株式会社」というところが製造した商品だそうです。最近のラジオは「Made in China」「Made in Malaysia」がほとんどでこれは数少ない「Made in Japan」の製品だそうです。そして受信感度の良さのポイントはアンテナらしくクラス最高の180mmフェライトバーアンテナを内蔵していて、これが受信感度国内最強(と思われる)と言われる所以だそうです。

「SONY ICF-EX5」-2

ということで今年の車中泊は楽しみが一つ増えました、製造してから2~30年経過した「Made in Japan」の製品、その実力が本物かどうかアウトドアで確認させて頂きたいと思いま~す。

次回に、つづく。
人気ブログランキングへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
(ランキングに参加中、クリックして応援宜しくお願いしま~す)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

年越しそば

2017年12月31日 08時32分45秒 | 四季
里美生そば
年末になると楽しみにしているスーパーのチラシがあります。普段はチラシなどは一切見ないんですがこのチラシだけは必ず見ます。
そして今年もそのチラシが入って来ました。

「チラシ」-1
人気ブログランキングへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
(ランキングに参加中、クリックして応援宜しくお願いしま~す)

チラシの全部を見る訳ではありません。見るのは一カ所だけ、それはココ、「年越しそば」のところです。
そして、今年も小さくありましたぁ、「里美生そば」400円、値段も去年と同じ変わりありません。
売り切れになる前に買いに行くことにしましょう。

「チラシ」-2

スーパー「かわねや」は地元を中心に5か点を展開しているローカルエリアスーパー、「地産地消」に積極的に取組み地域密着を標ぼうして大手スーパーに伍して頑張っています。(少ない店舗で頑張っているスーパーはやっぱ何か特徴を持ってますね)

「かわねや」-1
人気ブログランキングへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ

このあたりでは年末の「年越しそば」は自宅で家族と食べるところが多く私のところも昔からそうでした。子供の頃は大みそかに自宅で家族が手打ちしたそばを食べていました(私のそばの味の原点はここです)。でもその後は仕事などが忙しくなって来たのかいつの間にか乾麺のそばに変わってしまいました。
一時は自分でそば打ちを覚えようかなとも(当地には超有名ブランドのそば粉「常陸秋そば」がありますので)思った時期があったんですが、道具をそろえるのやら仕事の関係やらで実現には至りませんでした。その後は知り合いのお店に手打ちそばを頼んで食べた時もありましたがこれはこれでなかなかコスパが大変でした。
そんな時、会社の同僚からこの「かわねや」の「里美生そば」を教えて貰いました。食べてみるとそう言っては何ですがその辺のおそば屋さんより美味しいって感じでした(あくまでも個人的食感です)。以来7~8年近くになりますか、我が家の年越しそばは「里美生そば」です。

「常陸秋そば」
昭和53年に茨城県農業試験場が新品種の育成に乗り出しこの時に採用されたのが選抜育成法、いい種だけを残して栽培を繰り返す手法です。その時に選ばれた種子が旧金砂郷町赤土地区で江戸時代から栽培されていた在来種、昭和60年に県の奨励品種となり今日の盛況に至っています。
(常陸秋そばの詳細は以前に書いた常陸秋そばフェスティバル(2015年)に記載してありま~す)

「かわねや」-2

まだ午前中なんでお店は比較的空いていますねぇ!
おっ、いろいろありますねぇ、金砂郷そば、粗挽き二八そば、おらが村生そば、山形屋ゆでそばなどなどどれも美味しそうです。

「年越しそば」

そして一番手前にお目当ての「里美生そば」、今店員さんが品物を陳列している最中です。
1パック500g、3人前ぐらいですかねぇ、これで今年も年越しが出来そうです。

「里美生そば」-1
人気ブログランキングへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ

「里美そば」を製造しているのはJA常陸里美生産物直売所、私がたまにトレッキングに行く茨城県北部の里山の近くにある直売所です。この辺りは現在は合併して常陸太田市となっていますが以前は山あいの集落ごとに旧水府村、旧金砂郷村、旧里美村と別れていました。そしてそれぞれに美味しいそばの生産地です。
最近は毎年人口が減少して過疎化が進んでいる地域なんですが、これからもずっと作り続けて欲しいなぁ、「里美生そば」!

「里美生そば」-2

今年も一年間つたない気まぐれブログにお付き合い頂きまして大変ありがとうございました、感謝です。
特にコメントを頂きました皆様、ランキングバナーをクリックして応援して頂きました皆様、大変励みになりました、感謝です。
歳を重ねて最近はなかなか頑張りが効かなくなって来ているんですが、ブログを書いていることで新たなものの見方や視点が発見できそしてそれが新たな行動に繋がっているようです。そしてそれが生活して行くモチベーションのちょっぴり刺激になっているみたいですので、これからも頑張って書き続けようかなと思っています。
来年も引き続き宜しくお願いいたします。
ということで皆様良いお年をお迎え下さい、ではでは。

次回に、つづく。
人気ブログランキングへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
(ランキングに参加中、クリックして応援宜しくお願いしま~す)
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

北海道車中泊旅の思い出

2017年12月26日 07時39分50秒 | 
めのう
今年の北海道の「旅」では大きいのやら小さいのやら、白っぽいのやら赤っぽいのやら、縞模様があるのやらキラキラ輝いているのやらいろんな種類の「めのう」にたくさん出会うことが出来ました。
そして一口に「めのう」って呼んでいるヤツはどうやら正確には「玉髄」というらしく、その「玉髄」にはいろんな種類、分類があることを知りました。
(このメノウは20㎝ぐらいあって結構お気に入りです、このオレンジが何ともいいです)

「めのう」-1
人気ブログランキングへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
(ランキングに参加中、クリックして応援宜しくお願いしま~す)

その分類なんですが鉱物学的分類とか宝石的分類とか形状的分類とかいろんなアプローチの分類があるらしく、また地域や国によっても呼び方が違ってくる場合があるそうです。まぁ私はその分類とかにはあまり興味がなくて純粋に石そのものが好きなだけなんですが、でもちょっとだけ認識を高めておこうかなと思い私なりに整理してみました。

石英(Sio2 Quarts)の結晶         ⇒ 水 晶
石英(Sio2 Quarts)の微小な結晶の塊    ⇒ 玉 髄(カルセドニー)
石英(Sio2 Quarts)の非結晶質の粒の集まり ⇒ オパール(蛋白石)

玉 髄(カルセドニー)⇒白、青などの比較的色が一様なもの          ⇒ ホワイトカルセドニー、ブルーカルセドニー等
           ⇒オレンジ・赤茶色の色が付いたもの          ⇒ 紅玉髄(カーネリアン)
           ⇒並行の縞模様が入ったもの              ⇒ オニキス ⇒ 縞模様が赤茶系のもの ⇒ サードオニキス 
           ⇒色・模様が美しいもの                ⇒ 瑪 瑙(めのう)【アゲート】
           ⇒酸化鉄等の混入により赤、茶、緑などの色が付いたもの ⇒ ジャスパー

あくまでも個人的に整理したもので学問的に正しいのかどうかは判りません。これでいくと下の写真の石は「めのう」ではなくカーネリアンということになるんでしょうか、何か面倒くさいですねぇ。

「めのう」-2

石探しをしていて大きくていい色、いい形の石に出会うことは滅多にありません、でもちっちゃくていい感じの石は結構見かけます。今年の北海道でもそんな小さな石ころたちに出会うことが出来ました。
これは3㎝ほどの欠片なんですが並行の縞模様っぽいのが見られますので上の分類で行くと「オニキス」なんですかねぇ、でも模様が美しいと感じられれば「アゲート(めのう)」って分類していいんでしょうか?

「めのう」-3
人気ブログランキングへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ

これも3㎝程の石ころなんですがこれは私が見ても間違いなく「アゲート(めのう)」と判断出来ますねぇ、はっきり縞模様が確認出来ます。
《瑪瑙(メノウ)の名前の由来は馬の脳みそに模様、形状が似ていることから来ているそうで、この縞模様を見ていると何となく判る気がします。》

「めのう」-4

これは少し大きめで10㎝ほどあります、同じく縞模様があるんですがこれは真ん中が水晶化してキラキラ輝いています(ちょっと写真では判りにくいですが)、これも「アゲート(めのう)」なんでしょうね。

「めのう」-5

反対側はこんな感じ、微妙に蛋白化している部分も見られます、真ん中を切断して断面を見てみたいですねぇ。

「めのう」-6

これも10cmほどありますかねぇ、めのうに挟まれて小さな水晶?の結晶がキラキラ輝いています。まぁ水晶クラスターとまでは呼べないんで「アゲート(めのう)」でしょうかねぇ。

「めのう」-7
人気ブログランキングへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ

紫色っぽいところをアップで、もっとはっきり綺麗に結晶して色が濃ければ「紫水晶」あるいは「アメジスト」と呼べるんでしょうが、残念。

「めのう」-8

いわゆる宝石的価値の観点からは程遠いところに位置する「めのう(上記の分類でいくと「玉髄」)」なんですが、私にとってのその魅力はその種類の多さですかねぇ、形状、色、模様の同じものがひとつとしてないと言っても言い過ぎではないぐらい一つ一つが個性的です。そして一般的には上記のように分類されるんですがそこにドンピシャとは当てはまらないヤツの方が多いような気がします。水晶と玉髄が混じっているやつとか、オパールとまではいかないものの一部が蛋白化しているヤツとか、透過性は低いけれど綺麗な色のヤツとか、こっち側からみるとアゲートに見えるけど反対側から見るとカーネリアンとか種々雑多です。
冬の日差しのなかで軒下に積み上げられたそんな不ぞろいの個性的な「めのう」たちを眺めていると、「旅の思い出」がひとつひとつ脳裏によみがえって来てまた何となく旅心をくすぐられるそんな年の瀬です。

次回に、つづく。
人気ブログランキングへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
(ランキングに参加中、クリックして応援宜しくお願いしま~す)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

北海道車中泊の旅-21(完)(2017年秋)

2017年12月02日 12時00分00秒 | 
10月14日(土)5時00分起床 曇り
5時起床、ここは標高298m駐車場の裏側には越後山脈に連なる山がそびえていていましたんで冷え込みを心配したんですがその割ではありませんでした。

「道の駅 奥会津かねやま」-1
人気ブログランキングへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
(ランキングに参加中、クリックして応援宜しくお願いしま~す)

山々からたなびく雲が幻想的な風景を醸し出しています。たぶんあの雲が寒さを防いでくれたのかもしれません。昨晩は2台だった車は5~6台に増えて、お隣にはいつの間にかピッカピカのキャンピングカーが停まっていました。

「道の駅 奥会津かねやま」-2

ナンバーを見ると私と同じエリアナンバー、「おはようございます、カッコいい車ですね!(NUTSという会社の国産車)」、モーニングコーヒーをごちそうになりながらキャンピングカーのお話を、今年新車で購入、今回2度目(?)の旅だそうでこれから東北方面に向かうとのことでした。(今慣らし運転、シェイクダウン中って感じですね、コーヒーごちそうさまでしたぁ)

「道の駅 奥会津かねやま」-3
人気ブログランキングへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ

今日は「旅」最終日、食事を済ませ荷物の整理をいつもより念入りに行い8時過ぎに道の駅「奥会津かねやま」を出発しました。わざわざ「只見」方面に遠回りしたのはあるところに寄りたかったからです。それは只見町で只見川に合流する「叶津川(かのうつがわ)」、支流ですが結構流れがあってウェーダーでは向こう岸まで渡れない川幅があります。

「叶津川」-1

もちろん目的は「めのう」なんですが、ここはジャスパー系なんですかね、結晶系の赤い石が採れるそうです。

「叶津川」-2

川原に下りて探しているとチャート系の赤い石に混じって明らかに輝きが違う石が、一部にメノウを含んでいるようです、たぶんこれが叶津川の「赤玉石?」。

「叶津川」-3

大きさは5cm前後で小さいですね、一部に黄色味を帯びているのも、いろんなパターンがあるのかもしれません。何カ所か場所を変えて探したんですが数は見つかりませんでした、2時間で5~6個って感じでした。たぶん転石ですから貯まりやすい場所、流れてくるタイミングなどの条件で大分違うのかもしれません。まぁ今回は場所が何となく判りましたんで良しとしましょう。(次回はもう少し大きいのを見つけたいですね、楽しみがひとつ増えました)

「叶津川」-4
人気ブログランキングへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ

ちょうど12時お昼、只見近辺はコンビニがありません、ということでやってきましたローカルスーパー「ブイチェーン」、只見駅の近くなんですが1本通りを入るんで通りすがりの人は判らないと思います。まぁ地元の方のスーパーですね。ある人のブログでここの「日替わり弁当」が美味しいと書かれていた記事を見てやって来ました。

「ブイチェーン」-1

えっ、えっ、えっ、何と「売り切れ」です! そういえば人気なんで11時半ごろまでに行かないと売り切れてしまうと書いてありました。くうっ~残念、仕方ないんで「のり巻き」と揚げ物を買いました。日替わり弁当は次回リベンジしましょう。

「ブイチェーン」-2

そして只見川の支流「伊南川」の土手で昼飯です。「伊南川」って不思議な川なんです、上流行くと「桧枝岐川」、さらに上流では「実川」と名前を変えるんです。源流域は尾瀬の近くの福島、栃木、群馬県境の山々のようです。(阿賀川⇒阿賀野川、千曲川⇒信濃川とか同じ川で名前が変わるのは探せば結構あるのかも)

「伊南川」-1
人気ブログランキングへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ

ここは「めのう」はあまり採れないんですが、「盆石」「水石」が採れる川として有名らしいです。まぁそんなに興味はないんですが通りがかりなんで少し覗いてみることにしました。

「伊南川」-2

川原はすぐそこに見えているんですが、何分初めてなんで下りられるところが見つかりません。やっと一か所下りられるところ見つけ川原に、大きな石ころがたくさん、何が何だかさっぱりです。全く皆目見当がつきません。

「伊南川」-3

ということでどなたかが置いていった「置石」をひとつ記念に採取させて貰いました。「たぶん一度は手にしたがこれ以上の良い石が見つかったので置いていった」「ちょっと見いい感じで取り置いたが、よく見るとそうでもなかった」「重くて持ち切れずに置いていった」などなどの理由で、残され石だと思いますが、初心者の私にとっては基準となる石、コレクターが一度は手にした石、持ち帰って研究させてもらおうと思います。(まぁ何事も最初はモノマネ、そして失敗の連続ですから)

「伊南川」-4
人気ブログランキングへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ

さてもう帰ることにしましょう、道の駅「きらら289」から道の駅「たじま」を経由して山王トンネルを抜け栃木県に、紅葉を始めたばかりの塩原温泉を抜け道の駅「湯の香しおばら」で休憩、手作り饅頭が半値になっていたんで4つほど購入、またお土産を買ってしまいました、ふうっ。ここからは見慣れた道、道沿いにコスモスが風に揺れて気持ちよさそうでした。北海道では秋真っ盛りの紅葉を見られましたが関東では紅葉はこれからのよう、今年は秋を二回楽しめそうです。

「コスモス」

R400からR293に入り道の駅「みわ」を通って17時ちょうどに帰宅しました。

「トリップメーター」

6,150km(リッター22km、今回は古いスタッドレス装着)、相棒はよく走ってくれましたぁ、感謝です。でも走りすぎですね、最近気づいたんですがひょっとしたら走るのが好きなのかもしれません。ふらっと出掛けた「北海道車中泊の旅」、一周間に一回ぐらいは民宿にでも泊まろうかなと思っていたんですがずうっと車中泊で頑張りました、20日間いろいろありましたが無事帰宅したんで良しとしましょう。荷物下ろすのは翌日にしてお風呂に入って早々に寝ました、やっぱ布団はいいですねぇ!
(長い期間にわたり読んで頂きありがとうございました、ちょっと長かったですねスミマセン、反省、次回は短くしようと思います)

本日の走行距離 229km( 道の駅 奥会津かねやま ⇒ 自 宅) 累積走行距離 6,150km

次回に、つづく。
人気ブログランキングへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
(ランキングに参加中、クリックして応援宜しくお願いしま~す)
コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加