Precious Memories

越後快酔の夕べをお楽しみ下さい。
“雪中梅” “千代の光” 蔵直店から、心に染み入る地酒・美酒をお届けします。

柳絮飛ぶ

2017年05月05日 | 日記
ヤナギの町では、枝から白い綿が飛んでくる。 春はもういくらも残ってはいない。部下(吏人)たちよ、やっかいな報告をしてくれないでくれ、私は惜春の詩を作ろうとおもっているのに・・・。     韓愈詩








ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 適当園芸教室 | トップ | 山の味覚は遠くなりにけり »