Precious Memories

越後快酔の夕べをお楽しみ下さい。
“雪中梅” “千代の光” 蔵直店から、心に染み入る地酒・美酒をお届けします。

盆花が風に揺れている。

2017年08月09日 | 日記
水彩画教室の仲間同士(もっとも女性ばかりの会で)で仕出し屋さんから「鰻のかば焼き弁当」と取って食べようという相談がまとまって、ご近所の仕出し屋兼料理屋さんから出前をしてもらった。メンバーのお一人がこのお店の娘さんで、近隣の市へ嫁がれまして、この生まれ在所のカルチャー教室へ通って絵筆をはしらせているのす。「鰻のかば焼き弁当」のお値段はお一人1500円なり。とても美味しくいただきました。と村店の囲炉裏端でお話しされていました。めでたしめでたし・・・。先ごろ、スーパーのチラシを見ていましたら、中国産「うなぎ長蒲焼」1尾1パックが税込価格で1058円、鹿児島産原料「うなぎ長蒲焼」1尾1パックが1706円と出ていました。はたして、彼女らが食べた鰻はどちらの産であったのでしょうか。








ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 八朔の作頼 | トップ | 立秋が過ぎれば残暑となりぬ。 »