Precious Memories

越後快酔の夕べをお楽しみ下さい。
“雪中梅” “千代の光” 蔵直店から、心に染み入る地酒・美酒をお届けします。

許由巣父

2017年01月25日 | 日記
文字だけで理解するには相当難しい。つまり、清廉の人を語るときに使われる四字熟語です。許由(きょゆう)も巣父(そうほ)も中国の伝説上の人なり。欲のない賢人とされています。・・・あるときに許由は王から「天下を譲る」と仰せつかった、許由はそくざに「そんな俗事を聞いて耳が汚れた」と、川へ出向いて川の水で耳を洗って山に隠れてしまった。そこへ巣父が牛を引いて来る。牛に水を飲ませようとしたのであるが、汚れを洗った川のモズと知り、「飲ませるわけにはいかない」と引き返してしまう。というところから出典しているのであります。覚えておいて下さいませ。






ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 雪の女王がお待ちしています。 | トップ | 雪の只見線にゆられて行く旅... »