Precious Memories

越後快酔の夕べをお楽しみ下さい。
“雪中梅” “千代の光” 蔵直店から、心に染み入る地酒・美酒をお届けします。

手数少なく、手前は軽く~。

2017年07月27日 | 日記
利休七則に「夏は涼しく冬暖かく」とあります。エアコンやクーラーがなかった時代の狭い茶室での茶会は、路地にはたっぷりと打ち水をし、これは朝になってからだけではなくて、前夜からたっぷりと水を打ち、、庭の樹々や路地全体をよみがえらせる演出でした。茶室には簾(すだれ)、葭戸(よしど)を施して涼しさを感じていただく、室内を掃き清めて、空気も充分入れ替えて、爽やかさを感じていただけるよう心掛けた。暑さ寒さも心掛けしだい、心静かにお点前すれば暑さも忘れて、しばし涼やかにさえ感じられます。






ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アウト相為候。 | トップ | 静寂やぶる蝉しぐれ »