Precious Memories

越後快酔の夕べをお楽しみ下さい。
“雪中梅” “千代の光” 蔵直店から、心に染み入る地酒・美酒をお届けします。

家路

2016年10月18日 | 日記
カラヤン指揮のボルザークの「新世界」をよく聞きます。ベルリン交響楽団のものやフィルハーモニア管弦楽団(ロンドン)やウィーン交響楽団のものなど、ドボルザーク作曲の≪From The New World≫のレコードを数枚持っていますので、針を落として楽しんでいます。全編にわたって郷愁をさそるフレーバーに満ちて、懐かしい望郷の念を抱かせるとても好感のもてる名曲です。アメリカのネイティブ(native)の皆さま&奴隷として方々の&英国はじめ欧州の虐げられし移民の方々の、彼ら自身のフォーク・ミュージックのアイデンティテーを、ドボルザークさんが高度な芸術に昇華させた遺産であると考えますが、如何でしょうか?





ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ここが思案の為所で、いざ!... | トップ | お蕎麦を食いに行きたくなっ... »