Precious Memories

越後快酔の夕べをお楽しみ下さい。
“雪中梅” “千代の光” 蔵直店から、心に染み入る地酒・美酒をお届けします。

歳暮の嘆き~

2016年12月13日 | 日記
人命何ぞ仮すことの短き、憂愁何ぞあまりにも多き。 黒風一陣、北斗は雲に滲んで燦また滅、天ただ啾啾の声のみでありました。

こんな小さな茅屋の吹けばとぶような酒肆をいじめないでください・・・。ね。

ボク自身の感傷をボク自身の詩情で霧のような酔心でつつんで思わず出たこtpばでありまして・・・











ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ご近所さそって展覧会へ | トップ | 夢見る?少年のころ、閑居に... »