Precious Memories

越後快酔の夕べをお楽しみ下さい。
“雪中梅” “千代の光” 蔵直店から、心に染み入る地酒・美酒をお届けします。

道ふこと莫れ揚州一夢に留まると

2017年06月14日 | 日記
八千八水 新潟に帰し  七十二橋 六街を成す  海口波平らにして湊舶を容れ  路頭沙軟らかにして游鞋を受く  花顔柳態 人をして艶せしめ  火膾霜螯 酒懐を著く  道ふこと莫れ 三年一笑に留まると  此の間何ぞ恨みん 骨長く埋むるを













游鞋=旅人の履物、火膾霜螯=火のように赤い酒の刺身と霜の季節に降る霜のように白い蟹の身、著酒懐=酒を飲みたいという気分にさせる。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トマトのひとりごと | トップ | へぎ蕎麦日和 »