Precious Memories

越後快酔の夕べをお楽しみ下さい。
“雪中梅” “千代の光” 蔵直店から、心に染み入る地酒・美酒をお届けします。

四月の窓辺にもたれて~

2017年04月18日 | 日記
四月、さまざまな花の全線がさざなみとなって通り過ぎていきます。白いハナモモが咲き、コブシが咲く。山ではカタクリの花が風に揺れている、ヤマブキソウが明るい丘の斜面を黄色く染める。ヤナギが芽吹き、カツラの赤い芽が伸び、万物が移ろい行く・・・。

ああ花開くうつくしき四月よ されど若し我が恋人われより遠く 北の国なる霧の中にあらば 何かせん、四月の新しき歌 四月の白きリラの花、野ばらの花も 梢を縫ひて黄金と開く四月の日光も
                                          ギュスターブ・カン
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 茶道部っていいな~。 | トップ | 春の嵐かサクラ散る。 »