Precious Memories

越後快酔の夕べをお楽しみ下さい。
“雪中梅” “千代の光” 蔵直店から、心に染み入る地酒・美酒をお届けします。

吾末如之何也已矣

2017年02月13日 | 日記
雪ごもりで、そこらへ出掛けませんから、拙い当日録に書き込むことはなかなか見つからないのでありました。そういえば、この間、お寺の和尚さんと二時間ほど話す機会がありまして、いろいろな会話の中でボクとしては礼を欠いた発言がありまして、今は反省の日々を過ごしているのでありまた。・・・「それぞれの地域に在るお寺というか、仏さんの教えを説く場所とは、昔は難儀する民衆庶民の救済の場所ではなかったのでは?現状のそれらはおもに葬式仏教に存在しているだけではないでしょうか?お布施とか、志とか、志納金とかの袋につつむ金額に、お気持ちで結構ですとありながらも、無言の重圧というか硬直性というか、貧者をして葬儀屋の相場に右ならえとなっているのではないでしょうかね?」と~。









ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日日日又日 | トップ | 古渓和尚祝偈 »