Precious Memories

越後快酔の夕べをお楽しみ下さい。
“雪中梅” “千代の光” 蔵直店から、心に染み入る地酒・美酒をお届けします。

またまた陶潜へ還る Part 2

2016年10月11日 | 日記
白髪は左右の耳にかぶさり
肌もしなびて つやも無し
五人の息子を儲けたが
そろって勉強が大嫌いときた
舒ちゃんはもう16歳になったのに
愚うたらなことは全く比べるもの無し
宣ちゃんはもうすぐ15歳で 学問に目覚めなければいけんのに
いっこうに勉強には興味はアリマセン
雍ちゃんと端ちゃんは歳は13でも 6+7で13になることも知らむ
通ちゃんはもうすぐ9歳になるというのに 梨や栗やと食う事ばっかり
天が私に与えた運命がこういうことであるのなら
ままよ 酒でも呑みましょうかねえ~ッ

                       陶淵明 「子責」







ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 茅屋変哲庵日録 | トップ | 雨の日にあなたはお酒を買い... »