Precious Memories

越後快酔の夕べをお楽しみ下さい。
“雪中梅” “千代の光” 蔵直店から、心に染み入る地酒・美酒をお届けします。

弥彦娘というブランド枝豆あり・・・。

2017年04月04日 | 日記
本日は二十四節気の中の一つ、まさに万物が生気はつらつとする「清明」である。当地では梅は咲いたが桜はまだであるが、いい陽気になってきた。晩酌の時に枝豆を食すのがお気に入りで、冬の端境期でも冷凍枝豆を食しますから、新聞の折り込みチラシの厚いのを選んで、せっせと枝豆にカラ入れ用の箱を追っているのでありました。まあそのカラの入ったチラシの箱ごとゴミ箱に投じられますから便利なことは便利ですよ。枝豆の時季は初夏から秋にかけて、ボクの場合は美味しい枝豆を生産されている二~三の農家の方に、食べ頃になったら持って来て下さいと連絡してありますから、シーズン中は次々と枝豆舟が届くという次第です。それはさておきまして、打ち豆ようとか煮豆用とかの大豆も秋に届きまして、村店で売らせていただいて居ります。まことにありがたいのでありました。












ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 花に嵐のたとえもあるぞ | トップ | 長靴の日向ぼっこ »