国境をなくすために

戦争をしない地球の平和を求めるには、国境をなくすことが必要と考えました。コミュニティガーデン方式を提案します。

登山

 | Weblog
項目E 私のガーデニング(6,7年前に始めた初心者です)
(冊子『国境をなくすために』の送り状は2007年10月22日にあります)
     (ブログ『国境をなくすために』の趣旨は2008年10月15日にあります)

雲取山へ登った時になくしたカメラを、半分諦め、でももしやと目に浮かんでいた手作り袋に入ったカメラが、その通り感動的に手渡され、我が手に戻りました。 なくしたと気付いた時に、上から降りてきた方に「もし見つけられたら下へ届けておいてください」とお願いしたのですが、そのように預かっておいてくださったのです。 雨にもぬれず無事でした。

お名前もうかがわず、感謝の気持ちでいっぱいです。 嬉しくて、緑の深い山々の見えるガラス戸ごしにコーヒーで乾杯、初めての本格的登山に戸惑いながら頑張り通した長時間尾根道縦走路の山並みをしっかり目におさめました。 
遥かに見上げるあんな高いところを歩いたのかと驚くばかりです。

下山して、また行きたくなる、“山がそこにあるからだ”と小さいころ流行っていた言葉を思い出します。 百名山のテレビ番組を見ると、また頑張ってみたい、山は日本の大切な大切な財産です。 海もですが。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 環水平アーク | トップ | 梅干し2017年度 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL