介護病院え入れて 感じた事 今から病院え入れられる方の 参考になればと思い 書き残します 

M病院 その時々の思いを入れながら 残された家族の
思い 反省 学徒動員で無くなった姉の記です  



☆ 懐かしい九重の水

2016-12-07 | 日記
12月7日 水曜 晴れ  室温現在15度 

今朝は今期1番の冷え込みの予報
6時には9度でしたが   寝る前と  起きる前に少し電気式毛布を温めますので
着替える迄は寒さも感じませんでした

ドツト君は寒かったのか小屋の隅っこで 散歩の声も無視でした
後で土間にやらかしてましたよ~~

東は戸を開けてるのに 以前だったら考えられない事です 大と小 済ましたようです
もう明日で満15歳 半年で腫瘍の手術3回の身には少々辛いのでしょうね

もう食べて出してくれたらそれで良しです
小屋もお布団2枚 その上毛布の間にホツトパットを張り付けてます

それが熱いと外に寝てますが 今朝は上に丸まってました
もう少ししたら2個入れます

    
  爆睡中

 我が家は小学 中学 高校 えの通学路です 特に小学校は傍
 随って子供110番の家に指定されてます

 此の花はPTAと子等の合作の鉢植えです  見張り番の家にお礼と言われますが
 私は子等が行き帰りに心和む様にと玄関脇に置いてます
  

  今は大人には口訊かないようにと両親から云われてるらしいですが
  此処は挨拶しましょうが校訓です

  有難い事に大きな声であいさつして通ります 此方も負けずに挨拶します
  1日が楽しく爽やかに始まります

  時々学校からお礼のお手紙が来ます  教育はこう言う事が一番根底にあって
  培われて行くと思いますが

  今は誰にでも口訊いたら駄目と教わるそうで 嫌な世の中ですね
  でも一人の時は 自分の身は自分で守らねば 犯罪が起っては困るし大人でも
  怖いですよ~~

 だからせめて学校の行き帰り位は私達が守って上げねばと思ってます
ジャンル:
びっくり
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ☆ 此れホント? 奇跡 | トップ | ☆ ドツトの誕生日 15歳に... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事