ぴいちゃん@天然

適度な恐怖感と緊張感は人生には必要だ。 フライフィッシングと温泉は生涯の糧。

【竿頭】蒲田川で✿花は咲く✿【竿頭】

2017年03月21日 | 蒲田川
何かと慌ただしく、忙しい。

でも、お正月にはレジーナーの森で虹鱒は釣っている。 福島から来ていた釣り人と意気投合。

お互いのトイレタイムには荷物番をするほど打ち解けた。



そして各宴会にも無欠勤無遅刻で参加。



いろいろあったが、毎年恒例の蒲田川での解禁を迎えられた。



群馬のお兄様方、静岡組よりも早く到着。 雪だわ。



私は虹鱒狙いなので下流へ・・で、事件が起きた。

なんと40㎝のイワナがドライで釣れたわぁ 加えてヒレピン

隣にいた三人の見知らぬフライマン達が測量と写真を撮ってくれた。

が・・・リリースした後に写真が撮れていないことが発覚。

がっかりしながら集合場所へ・・が、しかし、フライマン達がわざわざ来てくれて証言してくれた。ありがたい事だ。



感謝しながら露天風呂に早々に入る。 負けず嫌いのお兄様方は上流へ向かう。

「釣れるまで帰って来るな」と見送る。



そしてお待ちかねの宴会 今回はイケメン二人も初参加だし竿頭だし至福の時を迎える



お酒も進む。 ええ、じゃんじゃん注ぎましたわ、イケメン達だけに。



そしてお酒に飲まれたイケメン。絵になるわ



儀式も無事に伝授し、もう仲間だ。



さて、翌日は快晴。風もなく観光日和。 



Ryoさんとも合流し、他の釣り人も多数で、もう魚よりも釣り人の方が多い。 これこそ蒲田川の解禁。



昨日でお腹一杯なので釣り意欲はない。おほほほ 

お昼に上がり、お蕎麦を食べて解散。



良い釣行だったわ。 皆様、ありがとうございました。

そして帰りは大渋滞なので厚木に向かい長女夫婦と夕食会。

11月にはおばあちゃんです


んじゃ

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

虹鱒を釣る事だけしか考えていない 【白河フォレストスプリングス】

2016年11月21日 | 福島

そんなんで良いのか 毛鉤BOXの整理はマメにするようになった。
 
さて、釧路遠征後のTRUTTA恒例のオフ会。 

白河に向けて夜中3時半に出発する健気さ。高速サービスエリアで群馬のお兄様方と合流。朝食を美味しく頂く。

夜中だというのに車多し。 加えて埼玉から濃い霧が続いてた。 ある意味、とても幻想的。

着けばやはりこんな感じ。 予報ではお出掛け日和だったが。



さっそく始まった。 



釣り人多く、かなり渋い。が、相変わらず松井ちゃんは釣る。



今回、お兄様はダブルハンドの練習だそうで、釣果は二の次とか。来季は中禅寺湖に

刺激されて私もダブルハンド・・で、やっとで来た 竿が曲がったところで記念写真。



大量に大型虹鱒をドドドッと放流してくれた。



昼食後にTRUTTAカフェ(仮設)でコーヒーを頂く。



松井ちゃんから頂いた毛鉤 来季用かな嬉しい



キラキラ輝く宝石よりも毛鉤・・と言いたいが、キラキラ光る宝石も好きだ



さて、ダブルハンドの練習に飽きたお兄様はシングルに。 イワシが釣れたらしい。



早朝から夕方まで釣り三昧。 楽しゅうございました。



ここで解散。なんと東北道に乗ると40キロの渋滞表示が

渋滞前のパーキングで仮眠して起きたら零時近い・・それを仮眠と言うのか? 熟睡じゃないか

さっ、頑張ってまた働きましょう。



んじゃ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【大井沢】 It's never too late to start 【大井沢】

2016年10月31日 | 大井沢

とうとう迎えた大井沢最終週。  釣りで休める職場って素敵

既に紅葉 今年はちと遅いとか。



お昼頃に到着。 風強いし寒いし、急遽、民宿でのランチに参加させて頂く。



メインのお蕎麦の前に、これでもかと山菜とキノコが出てくる。 とても美味しゅうございました。



食べ過ぎたので少し釣りをするが【ボ】である。 心が折れたのでゆったり館に向かう。

思えば昨夜は入浴していない。 やっぱりスッキリするわぁ  そして宴会突入。



最初はきちんと座っている。 そう最初だけ・・・



翌日はゆっくり起床(いつもの事だが) で、お昼から釣り始める。



釣り人の姿がポツリポツリとある。 下流域は大きな工事が続いている。



なので、今までの拘りを全て捨ててみた。



来たわぁ 虹鱒(放流だけど) ハヤは数えきれないくらい釣れた。



暗くなるまで川の中。 鼻水が垂れる寒さだわ。 



常に川も変化。 今回は40upを釣った人も 



ゆったり館でゆったりして帰路に。

食事2回、仮眠3回して7時間後に帰宅。

これがまた楽しい。 今回の旅でまた一皮剥けた気がする。


んじゃ

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

北の国から 【北海道遠征 釧路編】

2016年10月11日 | 北海道
やっとこらさで北の大地 展望デッキに張り付く。



1時間半ちょいで到着。 早い到着だから、すぐに川に向かう。



釧路に移動して来た同級生の中川君とも合流し、いよいよ始まった



初日の宴会も大盛り上がり。相変わらず強烈な個性の釣り人集団だわ。



翌日は【虹鱒Day】お兄様方ありがとう が、しかし、台風で川は一変。



帯広まで移動したのに不発。 それで終わる訳がない。 移動途中のひまわり畑で舞う。



北海道では、よく虹を見る。



ここまで来た・・・然別川。 そう、入れ食いを味わったお気に入りの川。よく走るもんだ。 
   


ここも台風の被害があった。藪が流されて、とても入りやすくなってる。



虹鱒は健在 大型は見掛けなかったけど、ドライでバンバン出る。



またもや虹 心が洗われるわぁ 虹 虹、虹のオンパレード。 虹尽くし(大丈夫か?)



2時間半走り釧路に戻る。 半端ない移動をご当地アイスで癒す。二日目の宴会も盛り上がる。



ハイボールが薄いとお怒りのお兄様。 牛でご機嫌になる。



またもや同じ川。 去年よりも私は釣れる。 が、しかし、お兄様方は大型がいないと貪欲だ。



昨日より大きいわ。 良い釣りが出来て私は満足



なので周りを散策。  台風で生木が、たくさん裂けてる。



この先をテクテクと散歩して行く。



・・・・と 誰の足跡よぉ~~ 食べられた鮭の死骸は、そりゃーたくさんあるけど~



見渡せば誰も居ないので、スタコラと皆のもとに帰り釣る。



海岸線を走る。 毎年のお馴染みコース。



最終日は牡蠣のオンパレード デカい牡蠣がこれでもか と出てくる。 これはホッケ。デカ過ぎるぞ。



仲が良い群馬のお兄様方。 二人の仲が疑われているよーですが、間違いないと思います(多分)



最終日なので、いろいろな方々が駆けつけてくれた。 



例によって観光なしの川巡りの旅。 楽しゅうございました。 皆々様ありがとうございました。



そして帰宅。 嵐のようにシフトが組まれている。

また頑張って働きますわ。


んじゃ
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

人生の扉 【娘編】

2016年09月28日 | 日常のあれこれ
とある吉日・・娘その1と、ルアーマンのこーたが泊まり掛けでやって来た(竿持参)

「娘さんとの結婚を承諾して下さい」と。

「いーよ

卓袱台をひっくり返す場もなく、あっさり決まる。

お祝いにフライ用品一式プレゼント 明日は成田の管理釣り場だ



生憎の雨で、釣れるのは小振りの虹鱒だわ。

しかし、久し振りに釣りしたわ。 やはり釣りは楽しい



こーた、娘を託したよ。

来季は渓流だな。


んじゃ
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

大井沢の休日

2016年08月07日 | 大井沢
やっとで・・やっとで休日

久し振りに大井沢まで走る。 仕事終わりから走るが、久し振りのせいかガンガン走れる。
 


早朝には大井沢に到着。

まだまだ復興工事中で、届く話しは残念な事ばかり。

が、しかし、月山湖からデカい虹鱒が上がって来ている・・とか。

あっけなく信じて下流から攻める。



攻める。



攻める。



攻める。



疲れたわ。 延べ10時間掛けて釣り上がったけど、なーんにもありませんでした。

山の家には宮城の山男3人 楽しい宴会でございました。


完全に消化不良なので、翌朝は早目に塩原に向かう。

が、しかし、渓相がすっかり変わってる



濁ってるし。



ここでも攻めたが不発。 なーんにもありません。



えっ? 「ボ」だわ。

大水の後みたい。 あそこまで水が来たのね。

と、「ボ」を他のせいにする。 

いやいや、移動も旅である。  久し振りでリフレッシュ出来たし、また仕事に励もうかな。どうしよ(へっ?)



んじゃ
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

負ける気がしませんでした   中禅寺湖初参戦

2016年05月29日 | 栃木
海ばかりの今日この頃。

母の日の贈り物を娘その1が届けに来てくれた。

お礼に海までドライブ。 夕食はスシロー   なんでやねん。



そしてそしてやっとで鱒  職場の上司(一応)3人で中禅寺湖に初参戦。

上司二人はルアー。 鼻息荒く6時前には湖畔に立つ。

千葉ブロックVS東京ブロック。  



はい、先手  ブラウンだわ



ウホウホである。やっぱり鱒は良いわぁ~~



良い面構えである。  頬づりしたいが上司の手前なのでやめた。



釣れない事に納得がいかない上司達に男体山カレーを薦めた。 が、しかし、更に闘争心に火がついたようである。



場所を変え粘る。 ダブルハンドでウグイが釣れたわ(一応の釣果2匹)



「天使の階段」 日光は神秘的で幻想的。



ようやく東京ブロックに念願の1匹目。



自分のルアーを追っかけて来た奴が釣られた→ 千葉ブロックの言い分。

ボウズじゃなくて良かったぁ→ 舞い上がる東京ブロック。



湯川ではズミの花が満開だとか。

やっとで見つけた中禅寺湖のズミ。

やはり鱒には萌えるわ

中禅寺情報をくれた林檎屋さん、ダイワのSさん、ありがとう


んじゃ

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

大海原に身を任せ・・・ゲロゲロ編

2016年05月14日 | 日常のあれこれ
ある日、釣り船に乗った。 ひとつテンヤ釣りで真鯛狙い。

早朝4時半に出港。

初めてでわくわくである。



E口君も初めて。



初めてじゃないF田女子、頼んだよ。 糸結んでね。



30分以上かけて沖合に行く。

はい、既に船酔い。 3回ほど投げて終了。 船内は地獄と化す。



お昼過ぎに帰港。 既に意識もうろう。



飯岡の海は甘くはなかった。 外房じゃけん。



まだご飯が半分しか食べられない。

海釣りする人はマジで凄いとつくづく思った日。

酔い止め薬は青いと知った日。


んじゃ

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

唄を忘れたカナリア

2016年05月06日 | 日常のあれこれ
ホーーホケキョ

鳴きゃーいいってもんじゃない。

しばらく虹鱒を見てないわ。

日々、仕事に明け暮れながらも同級生達と釣り談議宴会、仕事先の若者達(一応、上司)と海釣り。

この日は出勤前に九十九里海釣りセンターで真鯛3匹釣る。



真鯛3匹持参して出勤。 休みたかったわ。

そして娘達との温泉旅行



湯元温泉の ゆ宿 美や川さん



運があったとのことで特別室に宿泊となりました。

すっかりテンションMAXの三姉妹(はい?)



露天風呂2つ。 内風呂2つ。

全て貸し切り(無料だし待ち時間なし)凄いわぁ~  三人で入りまくる。

廊下が畳張りで心地良いからか?  娘達は廊下で寛いでいる。



翌日は湯ノ湖散策で森林浴。



満喫しているよーである。



楽しそうで何より。

そして母はやはりこっちが気になる。 解禁前で良かった。



そして中禅寺湖畔に降りて中宮祠を歩く。

男体山登山口付近はパワースポットじゃ??と思わせるほどの雰囲気。樹齢1,000年の木もあった。



ここまで来たら餃子だ。

宇都宮みんみん本店で2人前を食す。 お土産付きで神奈川まで送り帰宅。



すっぴんで過ごした温泉旅行。 楽しゅうございました。

子と接せるたびに頑張らねばと思う。

今回は健気じゃないか。

んじゃ
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

さぁ、始まった 【蒲田川】

2016年03月22日 | 蒲田川
気が付けば3月を迎えていたわ。

新たな扉を開いた若者3人の送別会が、地上22階の居酒屋で賑やかにあった。

それぞれの旅立ちに幸あれ



そして都内のホテルでのお食事会。

とても太ったこーた君。



息子が父親の後継者として頑張っていた。

心の底から感謝と喜びと安堵感が湧いてきた。



一応のツーショット 嬉しくてたまらない顔だな。



そんなこんなんで迎えた解禁

毎年恒例の奥飛騨。 今回は静岡組、群馬組、千葉組、新潟、大阪の総勢9人の大所帯。



今年は寒い  魚よりも釣り人の方が多いんじゃないか。



久し振りのトーマスも参加。 強豪なメンバーだわ。

取り合えずのヤマメ。あまりの釣り人の多さに釣れる気がしない。



お楽しみの宴会スタート 最初は「紳士淑女のフライフィシャーの集い」



そんなん最初だけだ。



大騒ぎである。浴衣もはだける、髪も乱れる。



そのまま部屋飲みに突入。 ザルにお酒を注ぐようなもんである。 



なにやってんだか。



一人、二人と倒れて行く者に群がる、毎度お馴染みとなった光景。



まるで子供の遠足状態で夜が更ける。



川に立つとキリっとする不思議な人種だわ。2日目は殆ど山岳渓流。



昨夜、浴場に鍵を掛けて寝込んだ奴がいた。 記憶がないよーだが。宿は大騒ぎ状態だ。



大騒ぎの中、静岡組とトーマスが帰還。 前夜の宴会疲れと川歩きでエネルギーが切れ、静かな宴会。



最終日の朝は粉雪が舞っている。気温0度で鼻水が垂れる。



各自それぞれ散り、虹鱒ポイントに行くが反応ない。 「ボ」だ。



集合時間あたりで晴れだした。これから良くなるんじゃ・・・



が、しかし、蒲田川遠征のお楽しみ「蕎麦わたなべ」に行かなくては。

車5台で峠越えをする。昨年はABS(Antilock Brake System)が作動して肝を冷やしたが、今年は無事に越えたわ。



小さいお店だけど有名なお蕎麦屋さん。 ギリギリで入れた



中央道は景色が綺麗だわ。 富士山に向かって走る。



行きも富士山に向かってたわ。 中央道・・奥飛騨に行くなら右レーンですよ。

んじゃ
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加