おばあちゃんのコクラ日記

ピアノとぬかみそ 台所からの風景

ふなやき

2017-05-18 20:33:57 | 日記
五月の末に 母の命日が来るせいか 母のことを思うことが多いこの頃…

戦時中 お米も 卵も 砂糖も無いなかで
母が フライパンでお焼きを作ってくれていた。 ふなやきとよんでいた。

小麦粉丈だったのか? ふくらし粉
( ベーキングパウダー )が入っていたのか 覚えていない。

小麦粉で団子汁か ふなやきの食卓を
家族ら6人で囲み… 父は いつも美味しゅうございました。ありがとうございました… と。

四姉妹は 父から心に残る言葉を頂いている。

食べ盛りの娘たちに 食べさせていた母の苦労を思う。

豊かな時代になって ふなやきは忘れていた。

それらしきものを 作ってみましょうと
50グラムの小麦粉を水でとき 昨日のお粥が すこーし残っていたのも入れて
干し桜えびをパラパラ… 塩 胡椒…

フライパンで薄焼きに…おかゆを入れたので もちもちの食感。

酢醤油に一味を入れたタレをつけて食べる。

残ったお粥も 無駄にならなくて良かった。

おばあちゃんの ママゴトのお昼でした。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カップルのお客さま | トップ | 公園の草取り »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL