goo

蝶と花・・・イチモンジセセリ(蝶)とニラのハナなど

 平成28年10月15日(土)我が八千代、快晴で気持ち良いです。
さて本題です。
 散歩道で撮りました。
 イチモンジセセリ(一文字挵蝶)とニラ(韮)の花です。
 ストロー(吸収管)で蜜を吸っています。

 蜜を吸う仕組みについて
  1 蝶にはストローで蜜を吸う肺活量はありません。毛細管現象によるものです。
  2 頭部にある空洞をポンプのように使い、蜜を吸う。
  3 蜜を吸いあげて体に取り組む仕組みは、よく分かっていない。
  などなどの説があるようです。


 大きさ~開帳時(羽を広げたとき)30~40mm位です。


 後翅に白い斑点がつながった一文字模様があります。
 蝶が2匹(学術用語では、匹ではなく頭だそうです。)とまっています。
 雄か雌か分かりますか。上の方が目が大きいので、雄と思います。(後方が雌)


 蜂さんと仲良く蜜を吸っています。


 イチモンジセセリとは、羽の模様が違います。
 チャバネセセリと思います。花は、百日草でしょうか。


 ヤマトシジミです。
 花の名前は、分かりません。


 大きさは、前翅長(翅の頭の付け根のところから後方の鋭角に曲がる頂点のところまでの長さ)で9~15mm位です。


 随時、蝶や花などの写真を投稿します。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« ヨウシュヤマ... 佐倉の秋祭り2... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。