goo

佐倉藩鎮守「麻賀多神社」へ参拝し茅の輪くぐりをしました。

 平成29年6月30日我が八千代市、曇空です。
本題です。
 6月28日佐倉藩鎮守「麻賀多神社(佐倉市鏑木933番地所在)」へお参りしました。
 鳥居には、笹竹に五色の短冊が飾られており、拝殿前に茅の輪が設けられていました。


 大祓茅の輪のくぐり方の説明が掲示されていました。


 茅の輪拝殿です。
 作法どおり茅の輪くぐりをしました。


 「夏越の祓」の一日前でしたが、この半年間の罪やケガレを祓い、残る半年の無病息災をお願いしました。
 拝殿後方に、樹齢800年の神木「みむすび銀杏」が見えます。
 
 「みむすび銀杏」です。
 下方に「みむすび銀杏の願いひも」があります。願いひもは、ご神木と繋がっているそうです。


 子供たちは、校外学習のようです。
 拝殿前にも、笹竹に五色の短冊が飾られていました。
 お賽銭箱の上に願い事を書く短冊が用意されています。
 子供たちは、短冊に願い事を書き笹の葉に結びつけていました。子供さんの一人は、「ワンちゃんの病気が治りますように」と書いたと話しておりました。治るとよいですね。


 境内に開運絵馬がありました。
 麻賀多神社のキャラクター「むすびちゃん」と本年の干支のが描かれています。
 「水無月晦日は年の臍」・・・酉年も真ん中です。


拾遺和歌集に
 ~水無月の なごしの祓 する人は ちとせの命 のぶというなり~「よみ人知らず」として歌が載せてあるそうです。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 散歩道の蝶や... 村上緑地公園... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。