FROM EDITOR・・・・・

航空専門誌の文林堂『航空ファン』&『世界の傑作機』公式ブログ

戦後初の日本人零戦パイロット、FAAライセンス取得

2017-05-17 10:28:15 | BLOG×記事


石塚政秀氏所有の零戦を管理するゼロエンタープライズ・ジャパンからの情報によれば
米チノで零戦の操縦訓練を続けている操縦教官の柳田一昭氏が16日(現地時間、以下同)、
FAAによる零戦操縦のための試験に見事パス!、“正式に”零戦パイロットとなりました。

柳田氏は日本での飛行を最終目的に、今年2月末からT-6を使った飛行訓練を開始し、
順調に飛行時間を重ねて4月11日からは零戦による訓練に移行(参考本ブログ)。
そして、本来であれば4月25日にライセンス取得の試験を受ける予定でしたが、
このときはFAA試験官の都合でキャンセルとなり、このたびの試験となったものです。

これでレッドブル・エアレース千葉大会での同零戦の飛行参加(参考本ブログ)は
柳田氏の操縦による、戦後初の“日本人による日本での飛行”になるものと思われます。

なお、柳田氏のチノにおける零戦の飛行訓練の様子は、
20日(土)に発売の『航空ファン』7月号(P.18~)で詳しく紹介しています。

写真は4月11日、零戦初飛行を終えた柳田氏(ZERO ENTERPRISE JAPAN提供)。
『航空』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『航空ファン』7月号は、第2... | トップ | 『航空ファン』7月号の翼TV... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

BLOG×記事」カテゴリの最新記事

カレンダー

2017年12月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
  • RSS1.0 RSS2.0