カフェラテを飲みながら想う事

大好きな綾野剛さんのこと、出演作品のことなどを中心に
自己満ブログを更新中。
ファン歴2年のまだまだ新参者です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「八重の桜」今年の剛活納め

2016-12-31 | 八重の桜


「八重の桜」松平容保さま 


およそ一年ぶりの再会でした。
容保さまの、美しくも苦悩に満ちたお顔を拝見するたびに、
心が締め付けられ、思わず涙が出て来ちゃう。
新種のウィルス、綾野剛型容保症候群を発症しておりまする(苦笑)

もう役者綾野剛さんではなくて、
容保さまにしか見えないんですよねぇ。。(辛い。。)

4日前から、レンタルDVDで少しずつ観始めました。
すでに八重さんは2番目の夫、新島襄さんと再婚されました。

容保さまのシーンは、あと少し。


でも、一回目と同じで、きっとまた最終話まで、
飽きずに見届けられると思います。

それどころか、
だんだんこのドラマ自体に魅了され始めております。

幕末から明治維新の、ともするとやや硬くごつくなりがちなストーリー。
でも、八重という女性の視点から展開されていくせいか、
すっごく馴染みやすいのです。

女性の原作・脚本だからでしょうかね。

そして、大好きな女優さん綾瀬はるかさんを筆頭に、
これまた大好きな役者さん、長谷川博己さん&玉山鉄二さんが素晴らしい。

もうもう!
今更ですが、増々ハマりそう

なんか無性に、特典映像が見たくなって参りました
暗く苦しい撮影の最中、
容保さまをはじめご出演の方々が、
いったいどんな表情をされていたのか?
その時に語られた言葉をきいてみたい。

中古でいいから、、
完全版BOXで購入したくなって参りやした(って、なぜか急に会津弁?笑)

少し悩んでみよッ。


八重の桜 完全版 第壱集 DVD-BOX5枚組(本編4枚+特典ディスク)


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 「八重の桜」容保様との再会 | トップ | 年末のごあいさつ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。