おそようございました。

こーた の日々是好日

不安な個人、立ちすくむ国家~モデル無き時代をどう前向きに生き抜くか~

2017年05月20日 01時48分37秒 | 日記
次官・若手プロジェクト↓というとても興味深い資料(不安な個人、立ちすくむ国家~モデル無き時代をどう前向きに生き抜くか~)を目にしました。
http://www.meti.go.jp/committee/summary/eic0009/pdf/020_02_00.pdf

特にodf資料のP32「日本の若者は(社会への)貢献意識が高いが、社会を変えられると思えていない」の項目がとても気になります。

私自身がそうですが、この社会に対して何か不満があるならば、自ら行動を起こすのが一番手っ取り早い方法のはずです。仕事が無いのであれば、自分で起業すればいい。仕事を作ればいい。・・・のに、その具体的な方法がわからないし、そんな事は鼻からあり得ないことだと感じてしまうのです。

これは日本の教育システムや学校で実施されている教育内容によるものが大きいと私は強く感じます。皮肉な言い方ですが、、、ある程度の知的レベルを庶民に付与しつつも、主体的に行動しない(国家権力に)従順な人間を育てる、戦略とも思える日本の教育制度。

ずっと指摘され続けていますが。。。。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ながら作業・・・ | トップ | 2017年「まじぁと&こー... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL