おそようございました。

こーた の日々是好日

受けてみたフィンランドの教育 という本を読みました。

2017年05月16日 00時58分58秒 | 日記
受けてみたフィンランドの教育 という本を読みました。

何をもって学力世界一というのか?よく知らないのですが、、、子どもの学力世界一をずっとキープし続けているフィンランドという国の高校に1年間留学した日本女子の母娘の体験記です。

日本の教育と徹底的に違うのは、少人数制の授業と、暗記が主の受動型の授業ではなく、思索・思考型の授業や定期テスト(論述)が行われている、ということでしょうか。答えが1つではない、生徒に考えさせ、結論を導かせる教育現場では、教員も相当の知的レベルと終わりなき探求が求められるでしょう。

近年の日本では、音楽や美術というアート分野の授業数が削減されてきました。アート分野の素養こそ、その他の学力やその後の人生に大きく作用することがわかっているようです。

大規模震災で追い詰められた人々が欲するのは、高尚な哲学でも説法でも無く、音楽や楽しいお笑い、美しい情景ということが知られています。情操教育をないがしろにしてはいけないのかもしれませんね。まぁ、道徳なんていう時間はくだらないと思いますが。机上で道徳なんて学べる訳がありません、、、、
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 車のバッテリー | トップ | 変わるもの。変わらないもの。 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL