美馬いやしの森

悩み相談

思いやりに勘違いはないでしょか!

2017-07-27 09:27:19 | 日記
生き方の問題で自己中心はいけませんよ、利他の精神ですよとよく聞く言葉ですが、、、
ほとんどの方がそう思うんじゃないでしょうかね!
でも、実行がなかなか難しいですね!
皆さんいかがでしょうか?

一人で生きて行くことは決してできませんけれども、皆んなそれぞれの仕事を分担して相互依存の関係がなければ生きていけませんね。そのためにたくさんの職業の方がいて、、、そしてそれぞれが調和して成り立っていますよね。
自分の仕事だけが尊いのでなく皆んな皆んな素晴らしい仕事ですよ・・・ほんとうに相手認めること、感謝の精神が必要で大切な事なんでしょうね。

人間の体にたとえてみてもよくわかることじゃないでしょうか?
目は目の役目、鼻は鼻の役目、耳は、まつ毛は、唇は、歯は、舌は、皮膚は爪は、心臓は、肺は、胃は、食道は、大腸は小腸は、腎臓は血管は、脳は、骨は、皆んな皆んなかけがえのない存在で、どの器官が優れているなど比較できるものでははありませんね、自明の理ですよ、、、皆んな皆んな役割が違います、どの器官がかけても一つの個体として成り立ちません。


しかし、人間人一人一人を見た場合に決して平等でありませんし、容姿、才能、能力に差が歴然としてありますね、、、何故なのでしようか?
それから気付き学び成長進化させるためなんですよね、、、
よくいわれますように、あなたがこの時代にこの世に生まれてきたのは、あなたが必要であなたの魂の成長進化のためですよとね、、、。

皆んな容姿、才能、能力が同じで、皆んな健康で、病気がない世の中で、肉体が永遠であるとした場合に、この世は成り立つでしょうか?
人口だらけで、地球は狭すぎますよね、神仏はちょうど良いように作られているのですよ、、、神仏の計り知れない叡智が働いているのですよ、、本当にそうなんですよ、、、というふうに考えると、今の環境、今自分が生きて存在してい事(生かされている事)に「ありがとう」と素直に感謝してポジティブに考えることの大切さが理解できるのじゃないでしょうか?


やはり生まれてくる時に、何にも分からず、親も同様に何にも、全くわからないんですね〜。
白紙の状態ですね。
また、肉体が此の世を去るときもあなたにも誰にも決してわかりません、神仏のみ知るで、寿命は努力してもどうにもなるものではありません。

☆いろんな事を考えても、どうにもならない面があります。精一杯の努力はして後は神仏に委ねることが心を平安に保つ方法じゃないでしょうかね、、、。
皆さんいかがですか?

親として子供、孫たちが安心して暮らせていけるかどうかを願うのは、当然ですよね!
☆しかし、ここで大切なことは親の考えのみで推し量っていないかということです。
何度もお話ししていますが、皆んな個性があり、夢、希望を持ちあなたとは違うのですよ、独立した個人なんですよね。

ロボット化していませんかということ、
話をよく聞いてあげ、自分第一になっていないか?
自分を捨てきり離せてますか、家族の幸せ
家族第一に切り替えてあげてみませんか?

もっと、もっと「心の勉強」をしませんか、魂は永遠なんですよ。心を穏やかにして、この世に思いを残さず「ありがとう」さようならといって天国へ行きたいものですね、、、。
あなたはどう思いますか?

家族はバラバラではダメですよ、上手くいきません。一つになり一体化することですよ、、、
たわいの無いなんでも無い会話も大切!
家族の笑顔が大切でしょう😊
食事は皆んな家族でいただきましょう!

その基本は、親、先祖、神仏を敬いこの世に存在できている今に感謝する事しかないのではないでしょうか?
その事を毎日形で表し、親、先祖、神仏のお陰様で生かされている命に感謝しながら生活しましょうね‼️

相手のことを思いやるということは、相手が喜ぶことをするというになるのでしょうなあ(^。^)
相手の思いを知ってあげていることが必要となるでしょう。なかなか人の心は読めませんから、しかし、心は必ず形に現れますからね、日々の中で話を聞いてあげることが大切な事となるでしようね!
話す機会を多く作ることが大切でしょうかね。

☆歳をとると無我となり「人、もの、事」が喜ぶことをしたいものですね。なかなかできませんがね(^。^)

それではまた、、、

さあ今日も元気で「ありがとう」の感謝で出発しょう‼️




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 人の気持ちをわかってあげま... | トップ | 突き放すことも大切かなあ! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL