北風と太陽・保存版 統一教会から娘を家族のオープンな話し合いで取り戻した父kokoroのブログ。

このブログは旧「北風と太陽 OCN版」の保存のみです。更新記事はniftyブログ「北風と太陽 」をご利用ください。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

家族って 何や!?   NHK朝ドラ「てっぱん」只今放送中

2010-11-02 01:00:00 | 心の手記

昨日のNHK朝ドラ「てっぱん」のおばあちゃん(富司純子)の言葉が、私の心に残った。

子供が憎うて立ちはだかる親はいない

親いうもんは、子供を傷つけようするもんに立ちはだかるもんや

子供にはうまく伝わらんもんだがね

 

 

文鮮明をメシアと信じ込まされた我が子が、違法勧誘、霊感商法の担い手になっていく。

いつも間にか親を「堕落」したものと見るようになるが、親はそんなことも知らないまま、ある日突然、子供から告白を受ける。

  

立ちはだかろうとする親に「拉致監禁だ」という回路が刷り込まれた状態では、まともな話ができようもない。

 

先日統一教会の荒川教会で、ご両親がなかなか帰ってこない子供と話をさせてほしいと、信徒の前で訴えたそうだ。

 

http://kosakaeiji.seesaa.net/article/165277616.html 

小坂英二 荒川区会議員のブログ

http://dailycult.blogspot.com/2010/10/blog-post_3412.html 

やや日刊カルト新聞

http://ip.tosp.co.jp/Niki/TosNK100.asp?I=tesou&P=0 

魔法のらんど(活動記録と私事)

 

こんなことをしなければ、家族の会話ができない。

家族族って、何や!?

 

子供に何かあれば、守ろうとするのが親の本質的な部分である。

教会に出掛けて行って話をさせてほしいと願うご両親がいる食口の○○さんは幸せ者である。

ほとんどの家族は諦めているからだ。

娘は、「自分も成人した大人だから、親の心配を子供に押し付けるな、信仰の自由は基本的人権」と言う。

 

そんな言葉におどろいて、私はもともと短気な性分で、カウンセリングを受けていなかったら「出ていけ」の一括で、縁を切ってしまっていたであろう。

 

心配を押し付ける・・・だれにそんな言葉を教わってきたのだろう。

30近くになれば、普通ストレートにそんな言い方はしない。

「心配してくれてありがとう、でも大丈夫」ではないだろうか。

 

なぜ、我が子はこんなに思慮が無くなってしまったのだろう。

数年前までは、自然な会話ができたのに・・・・。

 

私は、自宅でのオープンな話合いの中で、このような娘の異様さを知ることとなった。

数日の話合いで、娘をつっぱらさせているものを、解きほどくことは難しいと思いながらも、言葉を選んで話しかけた。

私の人生で、これほど自分の言葉に集中した時はなかった。

  

この時の家族の話合いの内容は、ブログでは公開していない。

理由は、私的なことだからである。

  

純粋に親子の会話だったのだ。

  

なかなか帰ってこない、メールをしても返事が来ない中で、たまたま本人の都合で帰ってきたときに、本人の同意をとって自宅で話し合いができた。

本人がホームに帰りたいと言ったので、私としては苦渋の決断であったが返す決断をした。

  

後日、ホームから自分の意思で戻ってきたとき、娘は言った。

「私の人生で、はじめてお父さんと腹を割って話せたし・・・・・・・・・・・で帰って来ました」と言った。

  

親の気持ちが伝わった瞬間だった。

  

私の手法は、マニュアル化はできない。

私の娘は入信期間が少ない、本人が入信を家族に気づかれていないと思っていた、というラッキーさもあったからだ。

家族が存在する数だけ、其々の家族には家族しか知らない深い絆がある。

  

体調が悪くても、欠かさず朝の弁当をつくってくれた母親の姿

風邪をひいて寝込んだ時につくってくれたお粥の温かさ

小さいころ、忙しくてなかなか遊んでくれなかった父親だったが、ある日サッカーボールを買ってきてくれて、父親と戯れた一瞬の出来事

・・・・・・・

家族とは何か・・・

まだまだ続くNHK朝ドラ「てっぱん」から何か得られるものがあるかもしれない

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 10.20後藤氏コメントに対して... | トップ | 6マリアの悲劇を認めた亨進... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
>後日、ホームから自分の意思で戻ってきたとき、... (モモン7032)
2010-11-02 23:23:25
>後日、ホームから自分の意思で戻ってきたとき、娘は言った。

>「私の人生で、はじめてお父さんと腹を割って話せたし・・・・・・・・・・・で帰って来ました」と言った。

>親の気持ちが伝わった瞬間だった。

信者が、このように↑なっては困るから、
統一協会は徹底的に未信者である家族との接触を阻もうとするのですよね。

信者に対して『統一協会に入っていることが、もし、家族にバレたら、そこからサタンが入って家族に【拉致監禁】されて、二度と統一協会には戻って来られなくなるのですよ。』と家族への恐怖心を植えつけているのですよね。
モモン7032さんへ (kokoro)
2010-11-03 07:26:54
モモン7032さんへ
 
家族に入信を隠した状態で、家を出て行く時はたいてい「自立がしたい」というマニュアルがあるようです。
まさか統一教会のホームにいくとは、思いもよらないことでした。
大バカな夫婦でした。
手提げ袋2つで引っ越しなんてありえないのに、・・・・・。
親に対して嘘も平気で言うロボットに人間を変えて行く、統一教会のマインドコントロールの怖さを後で知ることとなりました。
ただ私の娘もモモンさんほどではありませんが?天の邪鬼的性格があり、厄介ものだったようです。水行と断食の連続で半年で20kg減量し、戻ってきたときは、ホローコーストの一歩手前でした。
入信する前と、戻ってきた時の写真があります。
今は、本人の同意がないので公表するつもりはありません。
公表する時がくれば、誰かさんのようにねつ造を疑われるようなやり方はしません。
   
>信者に対して『統一協会に入っていることが、もし、家族にバレたら、そこからサタンが入って家族に【拉致監禁】されて、二度と統一協会には戻って来られなくなるのですよ。』と家族への恐怖心を植えつけているのですよね。
   
私どもの家族の話合いで、家族が自分の入信を知っていることを知らされた時、
娘は当初入信を否定し、統一教会も知らないと言いました。
話合いのあと、こういう状態でホームに返すことは、2度と家族のもとには返されないということも、聞かされました。

  
なぜ返したのか。それも大バカな夫婦だと言われかねませんが、話合いを通して、私はこの子は必ず帰ってくると確信しました。
話す内容は、あらかじめ用意していましたが、実はブログではアップできませんが、娘が戻ることを決意させた予想外の小さな事件が起きたのです。
兄弟のきずなの深さを知らされました。




 
 



こんなことを書くと教会員に怒られそうですが、親... (コアバリュー)
2010-11-04 00:41:52
こんなことを書くと教会員に怒られそうですが、親が教会員でない1世の場合、実家に帰省するときは、帰省期間、目的などをアベル(教会の上の立場の人間)に報告をします。少し前なら親に電話をする時にも、時間、会話内容を随時報告させられることもあったくらいです。そして、記事に書かれているように、「拉致監禁」への注意を促されるのも事実です。ただ、だからといって親を憎んだり、軽蔑したりするように教育しているわけではありません。むしろ、親の苦労があるから今の自分があることを教え、親に手紙を書くように指導したりしています。教会員によっては、親の為に「断食」をしたり、毎日お祈りをしたりしています。統一教会員以外で、そんなことをする子供が日本中にどれだけいるのでしょうか?統一教会の信仰観、活動の賛否両論は取りあえず置いておくとして、教会員も自分なりの方法で両親のことを愛そうとしていることだけは理解していただければと思います。
コアバリューさんへ (kokoro)
2010-11-06 08:39:25
コアバリューさんへ
 
>ただ、だからといって親を憎んだり、軽蔑したりするように教育しているわけではありません。
>むしろ、親の苦労があるから今の自分があることを教え、親に手紙を書くように指導したりしています。
>教会員によっては、親の為に「断食」をしたり、毎日お祈りをしたりしています。
>統一教会員以外で、そんなことをする子供が日本中にどれだけいるのでしょうか?統一教会の信仰観、活動の賛否両論は取りあえず置いておくとして、教会員も自分なりの方法で両親のことを愛そうとしていることだけは理解していただければと思います。
 
コアバリューさんのコメントは、何の問題もないように読んでしまいそうですが、この文章の「親」を「第2の親」と読むと問題点がはっきりすると思います。
作為的だと言われるかもしれませんが、真の御父母さまという「第1の親」が実際食口の中に入り込んでいるのは事実ですから。

宗教と言うものは、信ずることによって親や他人への感謝の気持ちが生まれるのだと言われるかもしれませんが、統一教会の場合は「堕落論」によって家族崩壊を生みだし、食口を集金マシンに造り変えて行く団体である限り、宗教とは呼べないと思っています。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

心の手記」カテゴリの最新記事