~こころに吹く風~

1952年生まれの みよ(cocoyo)です。
人生の花野に遊びたい。
心躍ることも心塞ぐことも綴ります。

のほほんの日

2016年01月29日 | 日々の出来事・想うこと
毎日が日曜日だけれど、一日中家にいる日はあまりありません。
どんどん外出予定を入れてしまう。
家で一日まったりできる日が好きなのに。

今日は在宅日でした。
やらなきゃやらなきゃと心に引っかかっている事務処理がいろいろ。
にもかかわらず今日も のほほんと過ぎました。



寒いけど紅梅が咲いて春はもうすぐ。



うちの玄関です。
一昨日のアトリエの日にスイセンを描きたくて、農産物直売所へ行ってみました。
2か所廻ったけれどスイセンはなくて、代わりにキンセンカと菜の花を買いました。
アトリエではうまく描けなかったから、この菜の花が咲いたらもう一度描いてみましょう。
コメント

20年前の青梅

2016年01月23日 | 写真・カメラ
先日C城さんと青梅を歩いた時に青梅市立美術館の前を通りました。開催中の「版画の底力Ⅲ リトグラフとシルクスクリーン+新収蔵品展」が気になったけど、C城さんは興味なさそうだったので、入ろうって言えずに昨日行ってみました。
私は版画が好きみたいです。


途中、久し振りにカフェ「コンブリオ」にてカレーランチ。


ギター曲がかかっていました。私はギターの音色が特別好きです。
ああリラックス~気持ちがいい~♪




お庭には雪が残り、クリスマスローズが咲いていました。

美術展を見た後はゆっくりと時間をかけて青梅散策。











以前青梅にはまっていたことがあります。その頃お気に入りだった景色を探したけれど、もうありませんでした。
あれはまだ再婚する前でしたから、数えてみたら20年位前の事です。
私は40代。フィルムカメラの時代で、リバーサルフィルム(ポジフィルム)を買うのも現像するのも高くて、1か月にフィルム(36枚撮り)2・3本使うのがやっとでした。休みもなかなか取れなかった。
20年経って私も変わったのだから、街が変わって当然ですね。
帰宅して、天袋をガサゴソとパネル貼りした昔の写真を探しました。


写っているのは母です。
降ったら青梅へ行こうと思って雪用タイヤを履いて雪を待っていました。ちょうど長野から母が来ていて、母を乗せて青梅へ。この道を何度も行ったり来たり歩いてもらって沢山シャッターを切りました。
この時母は60代後半かな。


今はもう、こんな大きな看板はないんじゃないのかな。
青梅の町の映画の看板は、板観さんという方が描いていらっしゃいます。ほら、隅っこにサイン。
板観さんも年をとられたということなのかなぁ。


ここもお気に入りだった場所。何回通ったやら。お店の方に、もうちょっと手前に出てくださいなんて、いろいろ注文つけて撮らせていただいたのでした。
この工場、今回は見つける事ができませんでした。

あぁ、あの頃が一番乗ってた時代だったのかと心に沁みました。
青梅大好き!と思っていたけれど、もう私の好きな青梅は幻想なのかも。
時の流れを感じます。
40代で撮った写真は勢いがある!
今、老年なんだなと痛感します。
やっと得た自由な時間をどう使おうかと改めて考え込んでしまいます。

年を経て良かったこと。
それはカメラが進歩したこと。
昔、いつもカメラを持っていていつでもどこでもササッと撮るというスタイルを目指していました。でもなかなかできなかった。カメラ重いし。
今はiPhoneでもコンパクトカメラでも手軽にきれいな写真が撮れるようになって、撮った写真をすぐに確認できて、自分でプリントも、ネットで発信も出来るって素晴らしい!
コメント (2)

窓辺を描く / 京都の路地

2016年01月22日 | 絵画
何日も家に籠っているような気がしてカレンダーを見ました。
なんだ全然そんな事なかった。
雪が降ったし風邪を引きかけていたので、日・月・水・木がお籠もりでした。

昨日と今日はヌクヌクと絵を描いていました。


とあるカフェの窓辺です。差し込む光に惹かれました。


夜はテレビ。
「丸竹夷(まるたけえびす)にない小路」(録画)
これと思う番組を録画して見るのが好きで、見ようと思っている録画がたんまり貯まっています。
この番組は昨年10月に放送されたもの。今頃見ています。

丸竹夷とは、京都の東西の通りの名前を北から南へと唄っている数え唄です。
その唄に出て来ない小さな路地(ろうじ)や辻子(づし)、突き抜けと呼ばれる毛細血管のような小さな道を紹介する2時間番組でした。
京都は憧れの町。でも素敵な所がぎっしり詰まり過ぎていて掴みきれないでいましたが、なんとなく行きたい所が絞られて来た感じ!
カメラを持っての路地巡りに2日位費やしてみたいです。
コメント

2016年のカレンダー

2016年01月20日 | 絵画
我が家のカレンダーです。



真ん中の樹の所が切り抜かれていて、周りの風景が変わるんです。
 


ね、春~♪です。

オークションでもう一つ落札したのが今日届きました。
年が明けてからだから少し安かったかも。



はい、棟方志功さんの版画です。
素敵!^^♪
コメント

ある日曜日のひとコマ

2016年01月18日 | 日々の出来事・想うこと
アラームを掛けずに自然に目を覚ますまで寝られる幸せ。
そんな日が2週に一度くらい。
それはアラームを掛けて起きなくてはならない日々の幸せがあってこそ。

次男の部屋の前に彼のスリッパ。(次男の部屋は和室)
あ~帰って来たんだな(毎日帰って来てますけど^^) 
いつ帰ったかは知りません。
1階に降りDKのストーブを点け、カーテンを開け、洗顔して・・・静かな朝の空気。

コーヒーを淹れてテレビの録画を見ました。
先週の日曜美術館で「夢の江戸美人画 傑作10選」
浮世絵の美人画です。
続けて「温故希林~樹木希林の骨董珍道中 着物」
古い着物の端切れを集めた作品をいいなと思いました。ちょっと集めてみようかなんて。今までそんなこと考えたこともなかったのに。
それから「エイエイGO! 音を落とせ」 英語の子音の発音を省略するというお勉強です。

金柑シロップ煮の第2弾
 

この輝き! 
幸せを感じる輝きです。


絵を描くための水張りをし、久し振りに次男のための夕食の支度もしました。
絵を描こうと思ったのに、今日もズルズルと描かず仕舞い。
コメント