~こころに吹く風~

1952年生まれの みよ(cocoyo)です。
人生の花野に遊びたい。
心躍ることも心塞ぐことも綴ります。

野尻湖です

2013年08月30日 | 家族
3日前に母の体調が思わしくないと知らせを受けて、関越自動車道、上信越自動車道へと車を走らせました。
沿道の緑はこの夏の酷暑を思わせる深さですが、爽やかな秋の空が私を吸い込んでゆきます。
母の待つ長野へこうして車を走らせるのは今迄当たり前の事でした。
でも、平穏な生活をしている母のもとへ向うのは、もしかしたらもうこれが最後なのかもしれないと思いながらハンドルを握っていました。
すっかり秋になったら、佐久のコスモス街道を母を乗せて走ろうと思っていたけど叶うかなあ。

写真は途中の野尻湖です。


コメント

夏のおわり

2013年08月27日 | 日々の出来事・想うこと
キッチンの網戸に絡まったカラスウリ。
その向こうの柿の木では、もう色付いた実がチラホラ。



桜の葉が散り始めました。
8月に秋を感じている桜の樹。自然ってすごい。



朝顔の葉にカマキリ君。
ひょうきんな顔つきでにらんでいます。
コメント

藤圭子 冷たい月 -泣かないで- コーラスは宇多田ヒカル

2013年08月26日 | 美しいEnergy

コメント

写真倶楽部で思ったこと

2013年08月25日 | 写真・カメラ
昨夜はアラセブン写真倶楽部に出席しました。
そこに21才の青年が見学にいらしていました。インドのお祭りで撮った素晴らしい写真を沢山持って。
青年はこの倶楽部を見学した感想を色々述べられた最後に、遠慮がちに「型にはまっている」とおっしゃっていました。
同感!

いつも行く若い方たちの写真クラブとの感覚の違いは歴然です。
皆さんの作品を拝見しながら、これはあまり好きじゃないけど、高得点だろうなと思うとその通りになります。
年齢や今まで辿った写真のキャリアで高い評価を得る作品は予想がつくなと思いました。
若い方の、力の抜けた、軽やかな感覚を自分の中に見つけるのはなかなか難しいですけれど。

写真を離れての実生活においても、まだまだそう年とってはいないと自分では思っていますが、実は若い人との感覚のズレは想像以上なんだなぁと実感しました。


コメント

静かな幸せ

2013年08月23日 | 彼とのこと
新しく見つけた和食やさんで彼とランチしました。
ロールキャベツ定食、アイスコーヒーが付いて800円。
帰宅して、抹茶水ようかんの賽の目切りと桃を蜜豆に添えて、冷たいハト麦茶でおやつ。


なんでもない静かな幸せです。

孫を送って行った時、Mちゃんが沢山貰ったからと毛蟹を2杯くれました。
夕飯は、餃子とかつおの刺身と小松菜の胡桃和えと毛蟹です。
毛蟹を食べるのは、もしかしたら生まれて初めてかもしれません。
彼が茹でて、食べやすいように包丁を入れてくれました。
蟹酢はなかったので、寿司酢につけて、「おいしいおいしい」って貪って・・・
こんな楽しい日があっていいのかと思う位ほわほわした時が流れました。

彼と一緒にこんなほわほわした穏やかな日々を過ごせたらどんなに嬉しいかと夢見ます。

でも現実は・・・良い事ばかりじゃありません。

彼、今日は妹さんの引越し準備手伝いでしょうか。
私に世話になっていると話してあると言っていたけど、
具体的には何も話していないんでしょうね。

彼は私の事を自分の近しい人には「とっても大切な人」というふうには話さないのです。
周りの人には私との距離をどことなく提示していたいらしい。
そのことが私の胸の中でくすぶって、心が燻され続けています。
コメント