~こころに吹く風~

1952年生まれの みよ(cocoyo)です。
人生の花野に遊びたい。
心躍ることも心塞ぐことも綴ります。

自然を感じる幸せ

2012年10月31日 | 
我が家の近くに柿畑があります。
葉を落とした木に柿色の実がたわわに生っている様子を見るのは年に一度の楽しみです。
なのになのに、畑の半分の、実を付けた柿の木が無残に掘り起こされ、造成が始まりました。
あぁ、哀しい。
しようがないけれど、こうやって少しずつ好きな景色が失われて行くのが哀しいです。

働き盛りの頃は傍にあっても目に入らなかった小さな自然が、年をとってよく見えるようになりました。
都会に暮らすのは息がつまりそうです。
自然の中での暮らしが幸せ!(ここは都会の田舎です)

日が短くなって、孫を保育園に迎えに行く頃は、空は西にわずかにオレンジ色を残す藍色のグラデーション。
保育園の門を出て、歩道で孫と同じ目線の高さにしゃがんで空を見上げます。
「あ、ホシ!」と小さな指を空に向ける孫。
「どこどこ?」って私。
ばぁばの目には見えない小さな星を見つけて喜ぶ孫。
ばぁばは嬉しいです。
コメント

私が変なのかなぁ

2012年10月30日 | 日々の出来事・想うこと
昨年の春まで住んでいた横浜の家は私の実家です。
以前は弟夫婦と両親が住んでいましたが、引っ越して空家になっていたので5年間住まわせてもらいました。
今そこには同じマンションの2階に住む方の娘さん家族が住んでいます。というか、赤ちゃんが生まれて精神的に不安定なので、我が家の家財道具は置いたままで、3LDKのうちの10畳の洋間(私が引っ越したためにカラッポになった部屋)と台所、トイレを一年間の期限付きで使わせてほしいという申し出があり、弟が提供したのです。
管理人代わりということで家賃なし。
「食事や入浴は親世帯の家でします。いつでも来て泊ってください。自分達は布団を2階の親世帯に運べば済む事だから」というお話でした。
私の持ち家じゃないので私は静観していました。

私のこまごまとした道具は置きっ放しです。
Sさんに地デジチューナー内蔵DVDレコーダーをあげたくて取りに行きました。
そしてわかった事は、母の部屋以外全室使っていること。カーペットは取り換えられ、我が家のカーペットは母のベットの上に積んでありました。我が家のソファーは片づけられ、違うソファーが置いてあり、リビングにあった飾棚やチェストは北側の部屋へ、電子レンジに至っては押し入れに。。。

娘の私でさえ、母と弟夫婦が暮らしていた時のままを維持するように気を遣って暮らしていたのに、この様はなんなんでしょう!
母のものがあり、義妹のものがあり、自由にならない住まいでの暮らしは結構ストレスでした。

腹立たしくて釈然としません!
私が気分を悪くするのは筋違いなのかもしれないと思いながらも、腹の虫が納まらないのです。
コメント

初秋の秩父路

2012年10月29日 | 旅行・お出かけ・散歩
引越し騒ぎと足のけがのために、暫く振りとなったSさんの訪問でした。
足の親指はまだ人のものとは思えないくらい大きく赤く腫れています。
歩かずに楽しめる所と思い、秩父の温泉へ行きました。
星音の湯(せいねのゆ)。
その前にどうしても寄りたかった店がありました。
日によっては15時閉店の事もあるというのでまずその店「阿佐美冷蔵」さんへ。
天然氷のかき氷やさんです!
嗚呼!まただ~!定休日!(泣)


お庭に入らせて頂いて、気分だけ味わって来ました。
絶対リベンジします。

星音の湯はヌメッとしたとてもいいお湯でした。
新しいので設備は綺麗、内容も充実、地野菜を中心とした体に優しそうなランチバイキングは1050円とお手頃で満足でした。
肉厚のしいたけ200円・・・帰りに買おうと油断していたら売り切れ!残念。

秩父ミューズパークで少し秋の気分を味わいました。


最後のお目当ては秩父神社の近くの「泰山堂カフェ」


泰山堂というはんこ屋さんが経営していらっしゃるんですね。
古い建物を生かして素敵なたたずまいです。
ちょうど開催中のエッチング展もお店の雰囲気にぴったり!
静かにジャズが流れてとても居心地が良かった。
メニューは自家製ジンジャエールもいいな。豆カレーもそそられます。
でもこの日はコーヒーとヌガーグラッセを「痩せなきゃ~」と言いながら、とっても美味しくいただきました。


コメント

喪服を買いました

2012年10月23日 | 日々の出来事・想うこと
喪服なんて言い方は古いかな?
ブラックフォーマルを買いました。
今まで着ていたのは、25歳位の時に池袋のデパートで夫が選んでくれたもの。
貧しかった若夫婦にとってはとても高い買い物でした。
実に35年も活躍していたことに!
7号サイズでもうパンパンにはちきれそうです!
人生2着目のブラックフォーマル。
どんなシーンで着るのだろうと思いながら選びました。
どうか年の順に必要になりますように!
コメント

高麗神社の三匹獅子舞

2012年10月22日 | 写真・カメラ
埼玉県日高市にある高麗神社では、毎年10月19日の大祭の日に獅子舞が奉納されます。
まだフイルムの時代に何度も撮りに行きました。
あの頃は一月に一日休めればおんのじでした。働かなきゃ食べてゆけない。幸いバブルで仕事はいくらでもありました。
まだ学費がかかる大きな子どもを二人抱えて、目いっぱい働いても経済的に苦しくて、月にフイルム3本現像するのがやっとでしたっけ。撮影に行ける日を心待ちにして、その日に照準を合わせてテンションを上げて行くんです。
懐かしいな、その頃。

少し早めに着いたので、近くにある彼岸花の名所、巾着田のコスモスを眺めながらお弁当を食べました。


誰もいないでしょ?
秋晴れのコスモスの園でのんびりしました。

三匹獅子舞には雌獅子を巡る二頭の雄獅子の争いストーリーがあり面白いです。


花の中に隠れた雌獅子を探して、お腹にくくりつけた太鼓を打ちながら勇み立つ二頭の雄獅子の舞いが終わった所で神社を後にしました。
保育園のお迎えは絶対に遅れられないから。
写真を撮る事に、もう以前のようには気持ちが入っていないのですが、それでも一人でファインダーを覗いて心を自由に飛翔させられる時間は楽しかった。
コメント