~こころに吹く風~

1952年生まれの みよ(cocoyo)です。
人生の花野に遊びたい。
心躍ることも心塞ぐことも綴ります。

彼の嘘

2011年01月29日 | 彼とのこと
彼の嘘が発覚。

広島で男のヨット友だちに会って、福山のビジネスホテルに泊って、翌朝カフェで朝食を摂ってから高速バスで神戸へ移動、一日ぶらぶらして帰って来たことになっていた。

ところが事実は・・・
広島で女友達に会って、その日のうちに高速バスで京都に移動。朝食は趣きの漂う和食、お昼もハイレベルな和食。
京都を散策して帰宅。

10月下旬のことなので、過ぎたことと思うけれども、こんなに見事に嘘をつかれていた事がわかると、興奮して胸がドキドキする。呼吸まで荒くなる。
一つ嘘をつかれると、何から何まで嘘に思える。信じられなくなる。
お願いだから嘘はつかないで!
 
彼との関係が落ち着いてきていると思っていたのは私の独りよがりだったのかもしれない。

急遽、明後日、明々後日の1泊で伊豆へ旅行をすることになった。
10月から私は京都へ行きたいと言っていた。
11月下旬か12月初旬に行こうって。
でも、彼、その季節は高いからって却下。
そのうち郵便局のバイトが始まって行けなくなって、バイト代が入る1月下旬までは金欠病。
お金がないから可哀想だと思って、京都へ行きたかったのを伊豆に変更してあげていたのに、
実は京都へ行っていたなんて!!!!! 私馬鹿みたい!

腹の虫が納まらない!
コメント (2)

回転寿司と映画

2011年01月27日 | 映画
仕事がなくて暇!
いつもは仕事がなくても何やかやと雑用があるんだけど~。
何もする事がないというのは記憶にない位久し振りのことだ。

で、思い立って初めて一人で回転寿司に入った。
770円のランチ、炙り寿司セット、美味しかった。
帰りに500円のご優待割引券もらっちゃった。
得した気分。

その足で、横浜・黄金町のシネマ・ジャック&ベティへ。
ここも初めて。
なんともノスタルジックな映画館で凄くいい!



お洒落な街にあるような大きくて綺麗な映画館にはない味わい。
2つしかないスクリーンで上映される作品も、選りすぐられてとてもいい。
これから嵌りそう。

観た映画は 「100歳の少年と12通の手紙」 これはまあまあだった。
上映中に突然スクリーンが真っ暗になり場内の灯りがつく。
機械の設定ミスがあったので、設定を正しくして続きを上映しますと言う事で、お詫びに「鑑賞ご招待券」を戴いた。
今日は駐車場代900円だけで映画を観られた。
ラッキー!

観ながら考えたことは付き合っている彼のこと。
彼と付き合っていなければ、この映画館には来なかったかもしれない。
彼には人生の楽しみ方を教えてもらっている。
お金ないけど、欠点もあるけど、彼と居たら楽しいだろうな。
今私は、仕事中心の生活から人生を楽しむ生活に方向転換しようとしている時期だ。
もしかしたら物凄くいい出会いをしているのかもしれない。
コメント

人生90年?

2011年01月25日 | 日々の出来事・想うこと
1月22日のニュース
「人生90年と考えた場合、定年延長と同時に年金支給開始年齢を引き上げることも考えられる」――与謝野経財相

そっか、人生90年・・・
私はあと32年もある!長い!
35年間も働いてきて、疲れたと思っていた。
子どもも一人前になったし、もうやめたいと思っている。
でもあと32年も生きるための経済的裏づけが必要なんだ。
気が遠くなる。

私の廻りにいる同年代の人達は、時代の悪さも手伝って、満足な仕事はしていない。
バブルの頃に威勢が良かった彼らの多くは、今、スッカラカンになっている。
その人達はこれからどうやって暮らしてゆくのだろう。
高齢化が進んで、やっとの思いで生きている人達が増えて、日本の経済はどうなってしまうんだろう。
コメント

彼と過ごした週末

2011年01月23日 | 彼とのこと
彼が二晩泊まって行った。
いつもすぐに喧嘩する二人だが、今回はずっと仲良し。
でも長い時間一緒にいて少し疲れたなぁ。
今年に入って仕事が少なく、「もう仕事したくない」と言ってはいるけれど、あまりにも遊び呆けているとなんとなく罪悪感を感じる。 


一昨日、彼の友だちを誘って珈琲専門店でお茶。
一人でみえると思ったら彼女を連れていらっしゃった。
60歳前後のカップル二組でお喋り。
店に「つげ義春の温泉」という本が置いてあって、ゆっくり読みたかった。
お店の雰囲気も気に入ったし、近いうちにまた行こう。
夕食を作るのが面倒で、てんこ盛りの天丼を食べて帰る。


昨日、ポットに珈琲を淹れドーナツを持って三浦半島へドライブ。
春の光の中、海を見下ろしながら、大根畑のパッチワークの丘を走るのは気持ちが良かった。
知り合いの陶芸家を訪ね、菜の花や水仙の庭、白菜やブロッコリーやらっきょうの畑を見せていただいた。
窯の裏手に登ると遠く行き交う船が見え、思わぬ近さで房総半島を望むことも出来た。
三浦半島っておおらかで開放感があってなかなかいい!好きになった。
帰宅して、彼がお好み焼きを作ってくれた。
極楽極楽!


今日は伊勢佐木町で回転寿司。
彼を駅まで送ってバイバイ。
疲れたよ。
これから確定申告の準備をする。
コメント

ジェネリック医薬品

2011年01月20日 | 日々の出来事・想うこと
風邪をひいてしまい、ダルダルの一日でした。
薬のせいか眠くて、いつになく昼寝もしました。

内科には月に一度、入眠剤をいただきに行きます。
そこの先生は田村正和さん似のカッコイイ男性で、とても話し好き。
今回聞いた「へぇ~!」なお話し。
ジェネリック医薬品はいかがなものかと仰るのです。
※ジェネリック医薬品とは、「製薬会社が開発した医薬品の特許が切れた後に、別のメーカーが同じ有効成分でつくる薬のこと」
先生は、成分が同じでも、どんな形で入っているかが問題と。
虎の巻みたいな本を開いて、一つの先発薬にどれほど沢山のジェネリックが出ているか見せてくださった。
「これだけ沢山ある製薬会社が、みな高い製造技術を持っていると思いますか?
今はもてはやされているけれど、今後問題が表面化しますよ」
ですって。
なるほどね~。
黒柳徹子さんのCMに惑わされたかな。
コメント