~こころに吹く風~

1952年生まれの みよ(cocoyo)です。
人生の花野に遊びたい。
心躍ることも心塞ぐことも綴ります。

夜明けの撮影行(横須賀)

2017年04月26日 | 写真・カメラ
三浦半島に金田漁港というところがあります。そこの朝市と、夜明けの頃の水揚げの様子を撮りたくて、車に布団を積んで22時に出発しました。
第三京浜保土ヶ谷PAでトイレ休憩。そして漁港に一番近いと思われるコンビニで再びトイレ&お茶とパンを購入。なにしろ朝市会場の駐車場で仮眠の予定なので、トイレがあるやナシやもわかりません。目的地の駐車場は真っ暗闇でした。こわっ!それでも意を決して後部座席を倒してフラットにしたところに布団を敷き、毛布を2枚かけて寝に入ったけれど、寝付けません。やっとウトウトとしたらすぐにアラームがなりました。4時です。
朝市会場の電気が点いていたのでトイレを借り、暗闇を漁港へと歩きました。
途中出会った漁師さんらしい方に訊いたらこれから出航とのこと。朝市で売るのは前日の魚じゃないかなとのお話しでした。私の想像する水揚げ風景は撮れないのかなぁと思いながら船着き場へ行って訊いてみたら、ちょうど船が戻って来る時間でした。



許可をいただいて撮影







魚の仕分け作業中


おばあさん(私)が一人で暗いうちから現れたので、気持ち良く撮らせてくださったのかなぁ。
来月の撮影会でここへ来るので下見のつもりだったのですが、もし男性が4・5人ゾロゾロと現れたらいい顔されなかっただろうと思います。
漁師さんたち、ありがとうございました!

朝市は写真にはなりませんでした。
早速買ったふきを油揚げと煮ました。春の味でした。



朝市会場の2階で食べた煮魚定食(朝食)は美味しかったけど、品数が物足りなかった。



食後、周辺を散策




撮影会の別の予定地、田浦へ移動。
でも眠くて・・・ 大きな倉庫の影に車を停めてまた布団にもぐること2時間。スッキリしました。



倉庫の壁がパッチワークみたい




横須賀市にあるJR横須賀線田浦駅。
首都圏なのに、とても鄙びた所です。


谷戸にある駅なので、ホームの両端にトンネルがあります。一番左は今は使われていません。

廃線跡が町中に沢山ありました。


とてもそそられる土地でした。もっと歩きたかったけれど、家に戻るエネルギーを残しておかなきゃと思って断念。少し残念。
『神奈川県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 遠くへ行きたい | トップ | 孫と公園を巡る »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

写真・カメラ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。