~こころに吹く風~

1952年生まれの みよ(cocoyo)です。
人生の花野に遊びたい。
心躍ることも心塞ぐことも綴ります。

水彩画 野蕗・虫喰葉 (わくらば)

2017年07月25日 | 絵画
『絵画』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 信州旅の締めくくり | トップ | 私の夏休み・キノコの森 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
素晴らしい絵が (Taka ちゃん)
2017-07-26 16:36:52
完成しましたね。
これぞ水彩画というもの、憧れです。
少しお聞きしますが、下絵は細かく鉛筆で描き込まれるんでしょうか、それともあたりを付ける程度なのでしょうか。
最近、私はやはり基礎となる下絵は、細かく描いた方がいいのかな~と思ったり、そんな初歩的なことで足踏みしているもので。。。みよさんはどうしていらっしゃるのかな~と。
えっ (sake)
2017-07-26 22:47:24
Takaさんのコメントを読むまで写真だと思っていました。
あまりにリアルっぽいので絵だと気がつかなかったんです。

わくらばという言葉は聞いていましたが、こういう葉っぱのことだとは知りませんでした。
「あぁ~穴の開いた葉っぱかぁ~」と思ってしまいそうな私・・・まだまだ感受性が足りないようです。(^_^;)
Takaさんへ (みよ)
2017-07-27 15:30:03
ありがとうございます。

う~ん、、、こうでなければならないということはないですよね。描く物によるかも。
この絵の場合は木の部分はあたりだけ。草の部分は細かく描きました。
私としては、あまり細かく下書きしない方が、絵の具の段階で伸び伸び描けるのかなぁと思います。

昨日先生が、小さなスケッチブックに下書きなしで直接絵の具で描いた絵を沢山見せてくださいました。
そういうのもいいなぁと思いましたよ。
sakeさんへ (みよ)
2017-07-27 15:48:48
これは写真を見て描いたんですけど、どうしても写真通りに描こうとする力に引っ張られます。
目標としては、もっと崩して私らしさが出たらいいなぁと思うのですが・・・^^;

「わくらば」ってググると「病葉」って出るんですよね。
でも他にもあったなと思って調べてみました。
加賀友禅は自然な様子を大切にするということで、穴の空いた葉まで模様にしてしまうそうで、「「虫喰葉(わくらば)」という字をあててありました。
野蕗に空いた穴が美しいなと思って思わず撮った写真だったので、なんだかピッタリ!と思ったのです^^

コメントを投稿

絵画」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。