夢中になれるコト

趣味と現実逃避時々愚痴

酸欠

2016-10-20 02:11:49 | 日記
些細なコトで脳の病気では色々な症状が起きますが


気にするコトも考えることもドクターストップ

どうしようもないコト

こうしてブログを書ける時と全く無理な時差が激しい

主治医からは徐々にブログも書けなくなる

でも、コレはブログというより記憶することが出来なくなりはじめているので

こメモ。。。健忘録。。。。


直ぐに急変するので本当なら入院のレベルでも
この病気になっている人が少なくて専門医が近くに一人のみ

この主治医に出会えて本当に幸せ者です

往診のみの在宅医だから

だ急変したら病院へ。。。。。

でも指示は主治医。。。




感覚が無いので、脱水、発熱、など自分のことなのにわからない

周りが頼り
jl
家族の介護無しでは生きていけない

ありがとう


血圧をあげる力が残っていない状態だから

酸欠状態だと普通の人なら脈が早くなるけど。。。

常に異常な低血圧と徐脈


ショック状態。。。。

軽い感染症で、何度も危篤状態。。。


直ぐに自宅に先生が来て処置をしてくれたので
こうして生きています。


何かチューブが増えていましたけど


事実、自分の身に起きている事

危機感などがわからなくなる病気

厄介なのはそんな体だというコトを忘れて無理をしてしまうコト


他人事の様な気分。。。。

どこにでも書いておかないと忘れていく




もう、苦しいという感覚、痛いという感覚全て麻痺しているから

あえて、不安にさせるからと何も教えてくれなくなりました

それに、酸素を取れそうという話が。。。。


進行が早くて一切主治医は触れなくなり

全無理してしまい、毎回叱られる人

またチューブが増えていく。。。。


ベッドから出てみたいけど

車椅子に移してもらう手間を考える


ベッドに寝たままこうして書いたブログ。。。

私が居たという証拠。。。



針が持てたら、ぬいぐるみも作れる。。。。

絵も描ける。。。。

そんな時期が短すぎた。。。。



不正脈が酷い時、酸素が不足して脳に酸素が不足。。。

生きるために必要な臓器

心臓に酸素が集まるので、失神。。。。



生きるために必要な条件を維持する

ことがこんなに大変だったなんて


現実はそうでも

夢の中でも病人の私。。。

だけど、好きなところに旅が出来る


脳って普通なら再生して新しい細胞が増えると聞いてたけど。。。

この病気は消えて無くなる。。。。


いつか機能しなくなるというコト。。。


脳だけではなく全ての臓器も同じ。。。


既に多臓器不全に近い。。。


手術が出来るなら良かったのになぁと無い物ねだり。。。



これも、運


個性かな。。。。





自分では歩けないというコトが受け入れられているのかすら疑問

いつかキットこの病気に効果がある薬が出来ることを願っています。。。。。

せめて、これ以上進行しない薬があればいいけど。。。。


いつか


こんな病気が治る時がきっと来る


それまでダラダラ、伸び伸び、あそbj


これからは酸素から人工呼吸器へと変わっていきます。

主治医から親に停電に備えて蓄電器を購入する様にと説明していました。

医療器具全て電気ですから、停電は命に


今、この時笑って過ごしているだけで

充分幸せ

病院ではなく、在宅でという私のワガママを叶えてくれている家族と主治医 に感謝しています


何も口から食べられなくなった私に

嚥下反射を確認するために

往診日に主治医が買って来た私の大好物のチョコを久しぶりに見て興奮状態の私を


心配そうな、微妙な顏でみている主治医に感謝


やっぱり、嚥下反射が起きないのでゴックンが出来なくても

吸引で苦しかったけど

口の中にほのかに残っている本物のチョコ。。。

前まで食べられたモノ




ちなみに今回のブログは記憶すること、会話が出来なくなりはじめ、遂にはつば肺炎の危険がある私の健忘録 です。。。。
































ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 夢と希望を追いかけていた過去と | トップ | たった少しのコト »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。