夢中になれるコト

趣味と現実逃避時々愚痴

主治医VS私

2016-10-19 13:57:52 | 日記
今日は往診日。。。。


本音トーク爆発。。。。


主治医は今のこの難病をみつけてくれた医師

病気だからと甘やかすことが無い医師


本音で言い合い

本気で喧嘩出来る相手。。。


今日はディに行きたくないと伝えた。

主治医は、感情的になるのは性格。。。

良く考えた結果なのか?と

主治医のボルテージも上がる⤴️


ディをやめたいと思った理由がある

おばあちゃん達は大好きだから出来ればこのまま我慢して過ごしたいと思っていた。

でも、前の往診日の時

主治医にディに行きたくない。とメモに書いて筆談したら

僕に謝らなくて良いから自分で決めるコト。。。。と言われた。

自分で決めた結果は、やめたい。

でも上手く気持ちが伝わらなくて悔しくて涙で酸欠状態の私にまた切れる医師

思い上がりだと。言われたり。。。

言わないと気がつかないのだからと

言語障害が出始めている患者の私に言う。。。


そんなつもりはないのに。。。

一緒懸命、頑張ることが今の私はしてはいけないと言われた。

潔癖だし、いつも完全に、完璧に。。。が身に付いている私には難しい。。。


最後は
感情的になるのはいつも主治医の方。。。


間に入った母の説明にやっと言いたいことが通じた様子で

先生もいつもの穏やかな口調に戻った。


穏やかな口調は、外の人向けの顔


先生は自分の家族と接する時の顔を私の往診日に良く出す。。。


厳しい言葉や酷い言葉。。。


患者ですけど。。。。私。。。。


それだけ、真剣に考えてくれているという意味


リセットしてもいいと許可が出た。



そして、先生が帰り側にコンビニで買って来たからと母に渡したティラミスプリン

主治医は私が何一つ言っていないのに私の性格、悩み、好物全て把握している。

好物のティラミスプリンをコンビニから買って来ていた。


来る途中に寄って買って来てくれた医師。。。。


最近、飲み込みが悪くなり水分も取らなくなった私を気遣ってくれた。


毎回のコトだけど、本当にわかってくれる親と同じくらい必要な主治医だと思う。

たまに主治医だというコトを忘れていないか?と思う時も多く

親戚のお兄ちゃんか?親か?と思う時が多い医師。。。。


いくら喧嘩しても、もう診ない。と言われそうな事を言ってしまっても

最後は必ず納得出来る答えを出して落ち着かせてくれる。

ホット出来る大切な存在


先生が選んだティラミスプリンはすんなり飲み込めた。

母に食べさせてもらいながら

ごめんなさい。。。。先生。。。。と


只今、毎回の反省中。。。。。

頑張らない様に頑張る。。。
一緒懸命にならない様に。。。。


治療薬が無いから、


進行が早くて


ヤバい時も多いから。。。。



それでも、幸せです。


やっとまともな医師に診てもらえるのだから。。。




















ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« テキトーに体調が良い時のみ... | トップ | 夢と希望を追いかけていた過去と »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。